おすすめTEDトーク紹介《女性スピーカー》。モチベーションアップしたい時に

毎日働いてストレスも、悩み事も、くよくよすることも多い世の中かと思います。しかし自分の気持ちを変えることって、結構むずかしくて時間のかかることだと思っていませんか?

そういうときにおすすめの、聞くだけでなんだか気分が変わる、というTED Talkをご紹介します。どちらも20分程度あれば聞ける内容で、しかし聞いた瞬間から役立つようなライフハックです。

日本語で字幕がでるので、英語の勉強にもなって一石二鳥です。今回は2つ、ご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

Amy Cuddy『ボディランゲージが人を作る』

ハーバードビジネススクールで社会心理学を教えている、エイミー・カディさんのスピーチです。

私はこのスピーチを聞くとなぜか毎回泣いてしまうのですが、それはこのスピーチが彼女の辛い経験をもとにしているからだと思います。

彼女は、子供の頃からIQが高く天才だと言われ育ちましたが、ある日事故で頭を打ち、IQが大きく下がってしまいました。

これが自分の特性だ、と思っていたものを奪われるのは辛く大學の授業についていけなくなり、あるとき、クラス全員の前で発表をするのがあまりに恐ろしく、退学してしまおうと思ったことがあったそうです。

そんなとき、彼女の先生は言いました。「とりあえずやってみて。やってみることを、続けて。怖くて身体が動かなくても、幽体離脱しそうになっても、とにかく、繰り返して」と。

その通りに彼女は、続けました。そうして数年後に気づいたのです。

「ああ、私いまは普通にできてる」、と。

そこに到達するまでの日々、毎日の恐怖や不安と戦っていた彼女からのライフハックは、「2分間、意識して強いポーズをとる」というもの。

人間の姿勢というものは、無意識のうちに感情に影響しています。

身体を丸めていたら(powerless pose)弱気になり、どしりとしていたら(powerful pose)強気になります。

 ハーバードビジネススクールの研究で、2分間、弱気なポーズをとった人と、同じく2分間強気なポーズをとった人の唾液から、2種類のホルモンを調べたそうです。

一つは支配的で強気な感情になるテストステロン、もう一つはストレスを感じ不安になるコルチゾール。

弱気なポーズをとった人はコルチゾールは15%上昇し、テストステロンが10%減少、強気なポーツをとった人は、逆にテストステロンが20パーセント上昇し、コルチゾールが15%減少したそうです。

つまり、ポーズによって感情が変わるというのは、ホルモンの関係で科学的に証明されているのです。

人は何にでも慣れるといい、それは人間だけの特性だと思います。

慣れるまでは辛い、それでも諦めないために、緊張する場面の前、2分間強気なポーズをとる、ということを繰り返してみてください。

ホルモンがうまい具合に分泌されて、ベストな気持ちで挑戦することができます。

そしてその挑戦を繰り返した末、「いつのまにかできてる!」と思う日が来ると思います。

スポンサーリンク

Kelly Macgonigal『ストレスと友達になる方法』

『スタンフォードの自分を変える教室』の著者として日本でも知られている、ケリー・マクゴニカルさんのスピーチです。

彼女は心理カウンセラーとして、長い間「ストレスをなくす方法」、というものを人に教え続けてきました。

しかし最近になって、ストレスそれ自体が悪いのではなく、「ストレスは毒だ」と思い込んでいる私達の、ストレスに対する見方が健康に大きく影響していることを発見したそうです。

「私は今まで人に間違ったことを教えていた」、と話す彼女は潤んでいました・・。

ストレスは、誰にでもあります。

それを、「ああストレス辛い!しんどい!」と思っているのか、「ああ、ストレスを感じてるな。

また挑戦できる」と受け入れるのか、その姿勢を意識することが大切だそうです。

そして、ストレスを感じることで、なんと良い影響というものもあります。

それは、ストレスを感じたとき人間には、《オキシトシン》というホルモンが分泌されるそうです。

このホルモンは、《抱擁ホルモン》というあだ名が付いていて、その名の通り人との触れ合いを求めたくなるという、人間の社会的な本能を支える働きがあるそうです。

つまり、ストレスを感じる→人と触れ合いたくなる→社交的になるという影響があるそうです。

社交的といっても、もちろん人それぞれなので、単に飲み会に出るとかではなく、家族と電話してみるとか、友達と手を繋いでみるとか、そういう感じでいいと思います。

ストレスがあり心に負荷を感じるからこそ、人と人とがつながっているのだ、というお話です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。人の身体って、うまいことできていると思いませんか?

ただ強いふりしたポーズをとるだけで気持ちまで明るくなったり、ストレスという感情があるおかげで、仲間に助けを求めることができたり。

普段は日々仕事に忙殺されそうな毎日を送っている方でも、こういうことを知っていれば、きっと役に立つと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする