ソンサー島カンボジアのロマンチックリゾートへのアクセス&料金など

おはようございます!

今日はカンボジアで「恋人の島」と呼ばれるロマンチックでラグジュアリーなアイランドリゾート、ソンサーアイランドをご紹介します。

透き通る海と自然の森に囲まれるサンクチュアリで、ハネムーンやお誕生日など特別な時をカップルで過ごすのにぴったりの場所。

スポンサーリンク

ソンサー島って?

ソンサーアイランドは、ロン群島の小島をまるごとリゾートにしたもので、「恋人の島」と言われています。首都プノンペンからバスで約4時間のところになるビーチタウン、シハヌークビルからさらにボート40分の場所にあります。

ゲストお出迎え専用ボートがシハヌークビルの港まで来てくれます。

交通費だけだと、成田からカンボジアへの直行便6万円〜+バスで1000円程度。時間はかかるのでちょっと大変かもしれません。

ロン島自体は近年観光地化が進んでいて、特に欧米人のバックパッカーたちが集めって夜まで賑やかに騒ぐ場所になってしまったのですが、ソンサーアイランドはロン群島の小島を丸ごとリゾートにしていてゲスト以外は立ち入り禁止なので、南の島の美しさと静けさが神聖に保たれています。

特別な結婚記念日やクリスマスなどに使いたい、落ち着いた大人のカップルのための島です。

「ありのままの自然を生かし現地の環境や植物を守る」というコンセプトで建てられたリゾートで、ホテル周辺の海域の自然保護区ではサンゴ礁を蘇らせる活動などもしています。

トラベラーズ・ワールド・アワードの2016年世界トップ10に入っていますみたいです。

お部屋の種類

ソンサーアイランドには全部で24つのビラがあります。なんとすべてのビラが独立しておりプライベートプール付き。ビラからの景色はもちろん壮大な海を楽しめます。

建物にはリサイクルの木材を使用するエコなコンセプト、「MADE FROM NATURE」。

宿泊+朝食セット以外にAll Inclusive(オールインクルージブ)というプランが用意されていて、3食にドリンク、アクティビティなどがすべて込み料金になっているプランです。

スタッフもプロフェッショナルな方ばかりなので、食べたいものや行きたいところがあれば遠慮なく相談できます。

①ジャングルビラ

丘の上にあり、植物のグリーンと壮大な海のコラボレーションが楽しめるビラ。リネンの天蓋付きベッドにふかふかのL字型ソファ、何キロも先に続く景色を眺めながらのんびりできます。ダブルかツインか選べますが、ツインは1部屋しかありません。

写真のような屋外プールが自分のプライベートになります。

1ベッドルーム料金

1泊890ドル(約9万8千円)/朝食付き
1泊1440ドル(約16万3千円)/オールインクルーシブ

2ベッドルーム料金

1泊2510ドル(約28万5千円)/朝食付き
1泊3060ドル(約34万7千円)/オールインクルーシブ

②オーシャンビュービラ

こちらは1ベッドルームのダブルベッドのみ。ソンサー島周辺の海でも一番の珊瑚礁エリアを眺めることができるビラ。こちらも26㎡のプライベートプールがついており、ベランダに並んだソファベッドに寝転び海の景色をのんびり楽しむことができます。サンセットなどももちろん美しい角度で見られます。

1ベッドルーム料金

1泊1340ドル(約15万2千円)/朝食付き
1泊1890ドル(約21万4千円)/オールインクルーシブ

③オーバーウォータービラ

こちらは水上コテージになっています。透き通るようなロン島の海を眺め、気が向いたらざぶんと飛び込めます。こちらもプライベートプール付き。全6部屋で、窓がすべてサンセットの方向を向いています。

1ベッドルーム料金

1泊1790ドル(約20万3千円)/朝食付き

2ベッドルーム料金

1泊2690ドル(約30万5千円)/朝食付き

すべての部屋タイプに、iPod・アンドロイドなど接続して音楽を聞ける機械や40インチのフルスクリーンTV、高速Wifiなど、島にも関わらず電気製品もばっちり揃っています。

旅行者のレビューをピックアップしてみました。

  • ビラに入った瞬間から、心をもっていかれました。とても大きく深いプールがプライベートであり、テラスとプールからの群島の島々の眺めは素晴らしかったです。

  • ディナーをいただき席の場所も毎日のように代わり、景色を様々な角度から見られるように工夫されていた。ディナーの内容も素晴らしく、イカのカラマリはこれまで食べた中で一番美味しかった。昼食のルームサービスも最高のパッタイで、バルコニーで海を見ながら食べた。ピザもおいしかったよ!

  • 島は小さいけれど美しく、部屋の内装もすてきでした。サービスなども世界レベルのホテルだと思います。近くの島々を部屋から眺めれます。

  • フォーシーズンズやアマンリゾートなどと比べると田舎っぽいところもあるけど、だからこそいつもと違う気分に浸れ、日常生活と切り離されたステイができる

出典:トリップアドバイザー

スポンサーリンク

ソンサー島で何して遊べる?

プライベートプールや美味しいルームサービスなどが用意されているので、中には3日滞在してほとんど部屋の外へは出なかったというカップルも。

しかし子供さんのいる方や身体を動かすのが好きな方は、やっぱり外で遊びたいですよね。

特にソンサー島の海は透き通って美しく静かですから、アクティビティもぜひ試してみたいです。

島で遊ぶ
  • シュノーケリング・・・シュノーケルをつけて泳ぎながら、カラフルな魚とサンゴ礁を見ることができます。イシダイ、スズメダイ、タツノオトシゴ、エイ、ウミガメなどが生息しています。
  • シーカヤック・・・カヤックに乗って周辺の入り江を探索。沖まで出てソンサー島を外から眺めることができます。
  • 村へ遊びに行く・・・ロン群島の近くの島にクラス村人達を訪ねて交流します。

他にも、ピクニックやサファリ探索、スキューバダイビングなども。

ホテルで遊ぶ
  • 映画を見る・・・自分のお部屋にスクリーンを貼って、プライベートの映画館を作ってくれます。ポップコーンつき。
  • お料理クラス・・・カンボジア人シェフが伝統料理を教えてくれます。
  • ヨガ&ジム・・・初心者から上級者まで、自分のレベルに合わせたヨガクラスに参加できます。ヨガ、ジムともに個人トレーナーをつけてレッスンしてもらうことも可能です。

スパのメニューもボディスクラブやフェイスセラピー、ハーバルボールなどかなり充実していますよ。

スポンサーリンク

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

リゾートといえばハワイやバリが定番ですが、日本人にあまり会いたくないという方などにぴったりだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする