カンボジアのシルクスカーフを買うなら。大人の女性へのお土産に!

おはようございます。カンボジアで買うお土産といえば、何を思いつきますか?

コーヒー、はちみつ、石鹸、ドライフルーツ、地酒、工芸品などいろいろありますね。
中でも最近いいな〜と思っているのが、カンボジアシルク。

シルクはタイでも有名ですが、実はカンボジアのシルクは日本人の方が第1人者として携わっており、内戦で失われかけたカンボジアの高度な織物技術を伝統として守り復興させているのだそうです。

シルクは化学繊維でないので、お肌に優しく、使えば使うほど、色にも感触にも味がでるもの。値段は高くなりますが、一生のおともにしたい宝物になります。

カンボジアでは、シルクで作られたドレスやスカーフなどがお土産として売られており、
色も多彩でなめらかで、本当に綺麗なものがたくさんあります。ショップを見るだけでも楽しい。

なんでも安く手に入るカンボジア、そこで本当に品質の良いものを買おうと思うなら
シルクはナイスなチョイスだとおもいます^^

今日はカンボジアシルクが買えるすばらしいお店を、いくつかご紹介します。

スポンサーリンク

Lotus Silk (ロータス・シルク)

カンボジア人の女性起業家が運営するお店で、シルクやコットン、リネンなどの天然素材で作られたファッションアイテムが並んでいます。オーナーはデザイナーとして有名な方だそうで、ストールなどのパターンもおしゃれ。エシカルファッションにぴったりなスカート、ドレスなどが見つかります。

また、ゴールデンシルクとよばれる、名前のとおり黄金色をしたシルクも扱っています。

ふつうシルクを作るのに使うのは白い蚕がつくる白い繭。実はこれは、染料でいろんな色に染めるのを可能にするために、中国で品種改良され生まれたものだそうです。実は、もともとの蚕が紡ぐのはゴールドの絹糸なんです。

これです。黄金色です。


(Lotus SilkさんのFacebookからお借りしました。画像クリックしたら飛びます!)

ゴールドシルクには、ふつうの白いシルクよりも多くセリシンという成分が含まれており、保湿効果が高いそうです。そのため肌触りも、ますますしっとり、すべすべ。ゴールデンシルクを扱っているのはカンボジアでも少ないので、ぜひ行って触ってみてくださいね。

ショップの場所はこちら。こじんまりしていますが、とっても可愛いですよ!

住所: #57, St.240, Sangkat Chey Chum Nas, Khann Daun Penh, Phnom Penh, Cambodia
電話: (+855) 23 210 215
営業時間: 8:00〜19:00

スポンサーリンク

Artisans Angkor(アーティザンアンコー)

カンボジアのハンドクラフトの中では旅行客にとても有名なお店。ショップも、写真のとおり大きくてしっかりしています。カンボジアシルクを使った商品の種類が多いという点で、クオリティと合わせてぜひ見ておきたいお店だと思います。

シルクは色も種類も豊富。例えばシルクのシャツが40〜50ドルと値段もそれなりにしますが、やはり触りごこりがよく、いつまでも使えるデザインのものがたくさんあります。シェムリアップにもプノンペンにも店舗が幾つか店舗があるので、訪れやすいと思います。

写真のシェムリアップ店の場所はこちら。工房があり作業を見学できたりするので、観光としても楽しいです。

住所: Stung Thmey street (same street as the Cinema’s)
電話: 855 (0) 89 624 686
営業時間: 07:30〜18:30

ツアーの申し込みは無料でもできるので、ウェブサイト見てみてくださいね。ツアーはシェムリアップのメイン店のみです。<Artisans Angkor> http://www.artisansdangkor.com/

プノンペン店ならこちら。リバーサイドのほう、郵便局の近くです。

住所: 12AEo, street 13 (in front of Phnom Penh Post Office)
電話: 855 (0) 23 992 409 / (0) 99 555 184
営業時間: 09:00〜18:00

IKTT(クメール織物伝統研究所)

バナナの葉っぱ、ココナツの殻、アーモンドの葉っぱなど独自でセレクトした自然染料を使い、高い技術で染められたシルク。数回洗うと、色が生き生きとしてくるそうです。まさにカンボジアでしか手に入らない特別な色味ですね。きれい!!

(※写真はIKTTさんのフェイスブックからお借りしました。画像をクリックすると飛びます)

IKTTを設立された森本さんはカンボジアの織物の技術を復興させるために尽力された方で、なんと蚕を育てる美しい森を育てるところから始まったそうです。

シルクは高めで、ドレスやバッグといったおしゃれなセレクションではないですが、本当に自然の美しさが引き立つストール、布地が置かれています。一つの布をおるのになんと2〜4ヶ月もかかるそうです。大人の女性にぴったりの、素敵なお土産になると思います。

住所: No.472, Viheachen Village, Svaydongkum Commune, P.O. Box 9349, Siem Reap Angkor,
電話: 063 964 437
電話: 08:00〜18:00

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

参考になったらうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする