プノンペンからシアヌークビルへはminiバスかバン!料金や時刻(2018)

今日は、カンボジアを訪れる際にははずせないビーチスポット、シアヌークビルへの行き方をご紹介いたします。

シアヌークビルへの行き方について

シアヌークビルはカンボジア人も外国人もよく行くので、近年ではプノンペンやシェムリアップから飛行機が飛ぶようになり、国道も整備されてきたようです。以前はバスで4時間かかった道のりが、スムーズにいけばいまは3時間ということも!

スポンサーリンク

旅行者の御用達はミニバス!?

シアヌークビルへは普通の大型バスも走っているのですが、ローカル色が強いと、クメール語のカラオケが大音量で鳴ってたりニワトリが持ち込まれていたりします。また、バスは人をあちこちでピックアップして、またあちこちで降ろしながら走るので、かなり時間かかります。。

そんな中、外国人旅行者をターゲットに運営されているのが、ジャイアントアイビス(Giant Ibis)。シアヌークビルへはミニバスが走っています。シートベルトがついてますし(いたって当たり前ですが、ローカルのバスにはないものも多い)、オンラインで事前に予約できます。

エアコンとWifiがつき、ピックアップ有りですが限られたスポット(有名ホテルなど)のみなので、ちゃんとスケジュール通りにすすみます。プノンペン発は9:25、9:30、12:30、に加えて時々8:00。所要時間は約4時間半で、ひとり11ドルです。

帰りの便もありますが、最終が3:30なので日帰りは難しいと思います。ちなみにこんな感じで予約時に席が選べる!

予約は公式サイトからできます。▶︎▶︎ Giant Ibis

乗り場は、St.106にあるジャイアントアイビスのチケットオフィス前です。

★Giant Ibis Bus Terminal★

VIPバンなら昼前には到着できる!

このミニバスよりちょっと速いのが、メコンエクスプレスのVIPバン。ローカルの会社もバンはたくさんありますが、人を「これでもか!」ってほどぎゅうぎゅうに詰めるところも、カンボジアはありますよね。

でもこちらは日系なのでそんなことはなく、ちゃんと座席が一つ一つ区切られているので、自分のスペースはキープできます。安心。

プノンペン発は、朝7:00、8:00、8:30、12:30、1:30、15:00、17:30。4時間くらいで着くので、朝一で乗ったらお昼にはシアヌークのビーチに。一人12ドル。

こちらもピックアップサービスありですが、オンライン予約時にはできず、直接オフィスに行くか電話しないとダメです。エアコン、WiFI、水あり。シアヌークビルからシェムリアップへも走ってるので、まとめて旅程立てたい人は便利かもしれないですね。

予約は公式サイトからできます。▶︎▶︎メコンエクスプレス

乗り場は、オルセーマーケットの近く。

★Mekong EXPRESS Limousine bus(Orrusey Market)★

融通効かせたいなら貸切タクシー

カンボジアは日本ほどタクシー料金が高くないので、3~4名で行くならタクシーを手配して自分たちで行くのもあり!タクシーならスムーズなのでもっと速く3時間半くらいで着くかもしれません。

現地で歴史の長い日系旅行会社さんでは、プノンペン⇄シアヌークビル間をセダン4シートで往復して、140ドルで手配できます。4人で乗れば、片道70ドル、割ってひとり20ドルしないのでかなり安いのではないでしょうか?

▶︎▶︎▶︎New Sai Travel Service(ニューサイトラベルサービス)

トイレが心配な方とか、寄り道してもらいながら行きたい方などにオススメ。日本語話せるガイドさんを追加料金でつけてもらうことができます。

スポンサーリンク

飛行機もあるよ

最後になりましたが、実は飛行機も飛んでいます。

カンボジアのバイヨン航空では、プノンペンからシアヌークビルへの直行便が出ています。正直、プノンペン空港が市内から遠くて渋滞なら1時間かかったりするので、それで国内線とはいえ1時間前までに到着しなければいけないことを考えると、ミニバスやバンの方が便利では?と思います。

フライトは約35分とあっという間。エコノミーのプロモーションだと片道30ドルからありますが、保険と税がついて60ドル近くになります。

▶︎▶︎▶︎Bayon Air

まとめ

いかがでしたでしょうか?カンボジアに行くときは、ぜひビーチリゾートにも行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする