承認欲求の解説と満たし方!他者承認を求めるとストレスがたまる?

おはようございます。

今日は人間の5大欲求の一つ、承認欲求についてまとめました!

スポンサーリンク

承認欲求

アメリカの心理学者アブラハム・マズローが1943年に提唱した人間の5段階欲求は有名ですよね。ピラミッドの形をしていて、自己実現理論とも言われています。

五段階欲求はピラミッドの下から、次の順番に重なっています。

生理的欲求・・・生き伸びたい、食べたい、眠りたい、排泄をしたい。

生きていく上で一番本能的で原始的な欲求です。動物として、生命を維持するために与えられたものです。満たされないと命の危険がある、身体的な苦痛を伴うものです。

安全欲求・・・危険を避けたい、健康でいたい、収入がほしい、安全な場所で暮らしたい

生きていけるための最低限の条件が揃ったら、次は安全で安定した環境を求めます。安全な場所に暮らして生活を営もうとする。これも原始的な欲求に近いと思います。

所属と愛の欲求・・・仲間が欲しい、人と話したい、コミュニティに帰属したい

安全な場所が確保されると、さらに「愛」や「友情」などを求める欲求が湧いてきます。日本という安全な国で暮らしている私たちは、当たり前に感じてしまう欲求ですね。引きこもりも増えていますが、ネット上でも人とつながるという手段も現代にはあります。

承認欲求・・・尊敬されたい、褒められたい、特別視されたい

自分の所属する場所ができたら、さらにそのなかで自分の存在を特別だと思われたい、という欲望が湧いてきます。「特別」とまでは意識していないかもしれませんが、「一目置かれたい」「この人に好かれたい」と考えます。

自己実現欲求・・・自分の可能性を突き詰めたい

周りの人から特別視され自分という存在の価値を信じることができた人は、さらに高次元の欲求、自己実現欲求に至ります。この世界のなかで自分に何ができるのか、視野が広くなり自分の可能性を試してみたくなります。

**

以上、①→⑤の順に、より高次元の欲求になっていきますが、必ず一段階前の欲求が満たされていないと、次の欲求にはいかないそうです。

つまり承認欲求がまったく満たされていない状態、ガラスのコップに一滴も水が入っていない状態では、自己実現というより大きな目標にたどり着くことができないのです。

人間は他者を認識する能力を身につけ、社会生活を営んでいくうちに、「誰かから認められたい」という感情を抱くようになる場合が多い。この感情の総称を承認欲求という。

出典:Wikipedia

承認欲求が満たされない状態は?

安全な国で暮らし人と関わりながら生きている私達は、誰もが承認欲求を抱いているものと思います。

承認欲求は、尊敬されたい、褒められたい等の気持ちのことですが、実は2つのタイプに分けることができます。

承認欲求は承認されたい対象によって、おおむね2つのタイプに大別される。ひとつは他人から認められたいという欲求であり、もうひとつは自分の存在が理想とする自己像と重なるか、あるいはもっと単純に今の自分に満足しているか、という基準で自分自身を判断することである。前者を他者承認と呼び、後者を自己承認と呼ぶ。

出典:Wikipedia

他者承認とは、承認欲求を満たすための判断基準が他人に依存している状態です。低次元欲求とも言われます。

人に褒められる、好かれる、高く評価されるなど、他人が自分にどう接するか、どう思っているか、そういったことで欲求を満たします。

逆に自己承認は、承認欲求を自分で満たしてあげることができる状態です。こちらは高次元欲求です。

人に褒められることが決してなくとも、自分の存在を肯定し生きているだけで満足することができる状態です。

ほとんどの人が両方の承認欲求をもっているのですが、「他者承認」の方に強く傾いている人の方が多いそうです。

そしてあまりに他者承認が強いと、自分に自信が持てず、ストレスがたまりやすい状態になります。

なぜなら、承認欲求を満たすため、常に人を喜ばせることや嫌われないことを考えていると、失敗を恐れて自分を追い込んでしまったり、人の目を気にするあまりありのままの自分を隠してしまったりします。

また、人の言葉にひどく傷つけられたり、それを本気にして自分の価値を信じられなくなってしまいます。

完璧主義にもなりやすいのですが、物事が完璧に行われることって現実的にはなかなかないので、とても疲れやすいのです。

他人依存の承認欲求には、本当にキリがありません。

たとえ職場で尊敬される地位を得ていっとき満たされていたとしても、突然その地位を失ってしまったらどうでしょうか。

あっという間にグラスのお水は空っぽになってしまいます。

スポンサーリンク

承認欲求の満たし方

では、どうしたらもっと楽に生きられるのでしょうか。

それは、「他者承認よりも自己承認を大切にすること」

他人に認められなくても良い、自分のあるがままに価値がある、という生き方です。他者に依存して自分を評価するのではなく、まず生きている時点で自分は素晴らしいのだ、という状態です。

私の大好きなあべまおさんの曲に、こんな歌詞があります。

胸避けるような言葉にさらされ涙こぼれても
忘れないで君思って歌う奴だっている
優等生好きの世間は置いとけ
君が君ならばいい
そこで息をしていてくれるだけで
それだけで、いいから

出典:モットー/阿部真央

家族とか大切な恋人に対して思う気持ちって、本当にこんな気持ちだと思いませんか?

存在丸ごとがありがたい気持ちです。

自分に対しても、自分が家族や親友に対して感じているように、価値を認めてあげるのです。実際に、きっとあなたの家族は本当に「息をしているだけでいい」、そんな風に心の奥で思っています。

優等生じゃないから、会社で活躍できていないから、という理由で、兄弟や親や子供を嫌いになる人なんていませんよね。何があろうと、生きて存在していて欲しいですよね。

褒める褒めない、その前に「生きていること」「会えること」「話せること」「ふれあえること」、そういう次元で存在を認め合っているのではないでしょうか。

その気持ちを、自分に対しても持ちましょう!

自分に素直になり、無理をしないこと。

その状態でも、自分に対してポジティブな存在を肯定する言葉を投げかけてあげることによって、脳の無意識の領域にその気持ちは入り込んでいき、他者承認よりも自己承認を大きくしていくことができます。

何もすごいことをしなくとも、失敗ばかりが続いても、自分を大切な親友、家族のように思って声をかけましょう。

そんな気持ちが、一番大切だと思います。

まとめ

毎日ちゃんと起きてご飯を食べる!それだけで素晴らしいのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする