イライラする原因は?承認欲を自覚するだけで心が穏やかに②

前回からの続きです^^

中途半端に切れて失礼しました!

スポンサーリンク

嫌いな人を思い浮かべて見てください。その人といるときの嫌な気持ちを想像してみてください。その感情をはっきりと言葉にして、なぜそんな感情になるのか理由を述べてみてください。

そう言われると、はっきりできなくなったりしませんか!?

たとえば、会社が嫌いな人がいるとします。その人は仕事ぶりは良くないのに、いつもお喋りで闊達な人です。周囲の人をよくジョークで笑わせます。でもあなたはイライラします。嫌いだと思います。それが原因でストレスを感じていたりします。

 

ここで問題が自分の中にあるということを自覚します。その人が問題なのではないんです。その人をストレスにとらえている自分の心に、何か原因が潜んでします。

そこで心の奥深くを覗いてみると、本当はその人のことが羨ましい、という気持ちが隠れていたりします。イライラして憎々しい気持ちになるのは、

 

「あの人ばっかり好かれてずるい」

「自分だってあんな風に闊達に振舞って自然でいたい」

 

そういう、嫉妬や妬みの気持ちが原因だったりします。これも承認欲です。自分もあんな風に明るく振る舞えたら、人を笑わすことができたら、と思っていたりします。本当は、その仕事がそこそこしかできない人よりも、自分の方が注目されたいというシンプルな欲望だったりします。

そうなると、問題はその人ではなくなります。問題は自分の心の中。自分でどうにかできる問題になります。自分の心構えを変えるだけで、その人に対する感情がなくなり、他人は他人と割り切れるようになります。イライラとムカつきも減っていくはずです。

人に対してネガティブな感情を抱きやすい人は、ぜひ自分の感情の原因を、正しく認識しようとしてみてください。

原因は自分の承認欲。そしてこれは人間としてとても自然な、当たり前の欲望。無理やりなくす必要はないけれど、それがもし自分の苦しみの正体であるなら、解き放たれる努力をするべきだと思います。

人を嫌になることを責めない。自分を責めない。「承認欲だな」と、研究者になったつもりで自覚する。一歩距離を置いてその正体がわかってしまえば、もうそれは自分自身ではなくなり、自分がいつでも手放せるもの、ただも持ち物に変わります。

とても不思議だと思います!

でも、もし次、人に対してネガティブな感情が湧いてきてそれに自分が苦しいと思うなら、その原因は承認欲ではないか?と疑ってみてください。本当にそうだと腑に落ちた時、きっと感情から解放されると思います。「そういうことか!」とちょっとした感動と、自分で変えられ問題だったのだと、前向きな気持ちが生まれることと思います。

それは、決して相手のためではなく自分のためです。自分の心の平和を守るため!

スポンサーリンク

承認欲を満たす裏技

承認には、他者承認と自己承認の2種類があって、これまで説明したように人からの評価で左右されるのは他者承認です。一方で自己承認は、自分で自分を認めているかどうかです。

実は、私たちが常日頃欲しているのは他者承認ですが、これにはきりがないので自己承認の心を育てた方が確実なんです。自分で自分を評価してあげるんです。日本人には自尊心の低い人が多いようなので、「私ってすごい!」と思うくらいナルシストっぽくて良いと思います。

一つ一つ、自分が何かをやり遂げるたびに褒めてあげるのが一番簡単です。今日も朝早起きしたこと、しっかり噛んでご飯を食べたこと、行きたくないけど会社へ行くこと、帰ってから洗濯をすること。

こういった全てのことに、「私ってやっぱえらいわ・・」と呟いてみるようにしてください。

あるいは、どうしても人に認められてるのを感じたい人は、思い切って「褒めて!」と言うのが良いです。私は言います笑。それが言いにくい人は、さりげな〜く「私の良いとこってどこなんだろ・・」と友人の前で呟いてみてください。

きっと、「えっとねーあなたのいいとこはー」、とフォローしてくれるはず。自分で思ってもなかったようなことが実は人には注目されていて、「そうなんだ!」と嬉しい気持ちになるかもしれません。

自分のすごかったところ、良かったところ、好きだと思ったところだけを日記に書き続けるのもおすすめです。かなり大げさになっても大丈夫です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

すこ〜〜しでも参考になったら嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする