紫外線はニキビ悪化&ニキビ跡の原因になるので要注意!パウダーの塗り直し必須

もうすぐ夏!ドラッグストアの日焼け止め売り場が日に日に大きくなってきて、毎年のように出ている新商品が並んでいます。

紫外線がシミやお肌の老化を招いていることはご存知ですよね。でも実は、シミ&老化だけではなく、ニキビにも悪影響があるって知っていましたか?

「シミはないし〜まだ若いし〜紫外線はニキビに関係ないじゃ〜ん」と思って、日焼け対策を十分にせずアウトドアに過ごした次の日、「あれ、ここのニキビが赤く目立ってきた!!」っていうことが、実は起き得ます。

私もありました。

今日は紫外線とニキビの関係について調べてみました。

スポンサーリンク

なぜ紫外線がニキビに悪いのか?

活性酸素が増える

紫外線を浴びると、私たちの体内には活性酸素(かっせいさんそ)が発生します。

活性酸素は本来、その殺菌力で体内の細菌やウイルスを退治して体を守ってくれる大切なもの。しかし紫外線を浴びて量が増えすぎると、正常な肌細胞まで攻撃(酸化)し、老化や肌ダメージの原因をつくります。

酸化した皮脂はべったりとしているので、毛穴に詰まりやすくニキビの原因にもなります。

また紫外線にはA波とB波があますが、特にB波は非常に強いエネルギーを持っていて、火ぶくれのような日焼けを残したり、肌表面に炎症を残すことがあります。

すでにニキビがある状態で紫外線を長時間浴びるとこのB波のエネルギーで、ニキビは炎症し悪化。白ニキビや黒ニキビなど、そのまま放っておけば治るようなニキビも、赤ニキビ、膿んだニキビになってしまい、治すのが厄介になります。

時間をかけて治ったとしても、紫外線でメラニンも合成されますので、色素沈着やクレーターを残す可能性が大きいと言われています。ニキビに紫外線、とっても恐ろしいです。

バリア機能が低下する

また、紫外線を浴びることでバリア機能が低下するのもニキビの原因に。

紫外線でダメージを受けた肌は、早く回復しようと一時的にターンオーバーを早めます。しかしターンオーバーは本来28日かけてじっくり成熟させるもの。これを無理やり早めると、未熟で脆い細胞が肌表面に並びます。これが、バリア機能が低い状態のお肌になります。

バリア機能が低いと肌の水分が蒸発しやすく乾燥しやすいので、肌は自分を守るために皮脂を過剰に分泌し、それがかえってニキビを発生させたり悪化させたりする原因になります。手で触れる、ゴシゴシこする、などの些細な刺激でも、ニキビができやすくなります。

紫外線を受けてバリア機能を回復させるまでの間、肌の潤いを保つよう、スキンケアを念入りにしてあげることが大切です。

スポンサーリンク

ニキビがあるときの日焼け止め

とにかく紫外線はニキビに良くない!ということで、日焼け止めを毎朝がっつり塗ればそれで良いのかというと、日焼け止めの選び方によっては、それもニキビの原因を作ってしまうこともあります。

ニキビ肌の日焼け止めを選ぶポイントは、こちらです。

ノンコメドジェニック

まず気をつけたいのは、なるべくオイルフリーを選ぶこと。油分の多い日焼け止めはニキビの炎症を悪化させる恐れがあります。

「ノンコメドジェニック」と書かれた日焼け止めは、アクネ菌の養分になりにくい油性成分でつくられれているのでニキビ肌におすすめ。

ニキビができにくい、毛穴が詰まりにくいと、試験でちゃんと証明されている化粧品です。日焼け止めでなくUVカット機能付き下地なども選ぶ場合も、できればノンコメドジェニックと記載されているものにしましょう。

紫外線吸収剤フリー

次に、肌が敏感な方、化粧品で荒れやすいという方は、紫外線吸収剤フリーのものを選びましょう。前回の記事でも書きましたが、紫外線吸収剤は肌への刺激になりやすくアレルギーを引き起こす恐れがある成分とされています。

香料や着色料もニキビへの刺激になるので、含まれていないのを選びましょう。

塗り直しを考えるならフェイスパウダー

ニキビ肌の方は、おでこや小鼻など皮脂がべたつきやすい方が多いと思います。紫外線散乱剤は汗で流れてしまう成分なので、こまめに塗り直すことが一番大切。

朝のメイクって、メイク直しを一度もしないと、夜まで殆ど残ってないんですよね。私の場合、面倒臭くてメイク直しをしなかった日は、夜の拭き取りのクレンジングの際、顔中ふいてもコットンにほぼ色つきません。

あぶらとり紙はめちゃくちゃ使うので、メイク全部流れるか吸われるかしてるんですね。

つまり朝日焼け止めを一度塗っただけではその成分は3〜4時間もすれば流れてってしまうので、こまめな塗りなおしが必要です。

私も、紫外線が一番多いと言われる5〜8月にかけては、どんなに面倒でも外回りに行く前などにトイレに行って、UVカットパウダーをバフバフ大量につけるようにしています。

UVカットの目安で、SPFの記載がありますが、あれは普通よりも意識して多めに使った場合のSPF値です。薄付きの方が良いとは思いますが、紫外線のことを考えると、バッフバフしてしまいます。

一瞬顔真っ白になりますが、しばらくすれば皮脂でなじむので、大丈夫です笑。人によると思うので、乾燥肌の方とは塗り直しは1日1回とかで良いかもしれません。3〜4時間おきというのは、目安です。

下地として使う日焼け止めよりも、UVカット機能付きのパウダーファンデとか、フェイスパウダーの方が塗り直しが確実にしやすいと思います。リキッドよりもパウダーの方が紫外線カットをしやすいそうです。

BBクリームもUVカット機能付きのが多いので、朝BBクリーム塗って上からUVカットパウダーを叩いておいたら、ダブルの紫外線対策でパウダーで直しもできるので、私は一番気に入っています。日焼け止めの上に、下地にファンデにパウダーに、、、って重ねるより、だいぶ楽です。

BBクリームはいろいろと試して使っていますが、UVカットパウダーはこちらのファンケルのものがおすすめ。

ファンケル フェイスパウダーUV スーパー プロテクト

紫外線吸収剤使っていないのにSPF50++++で、ファンケルなので防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤など全て無添加。刺激がないのにこのUVカット機能はすごいな〜と思い使っています。ニキビできたりしていません。

ふわっふわなので肌の凸凹がなんとなく目立たなくなる気がします。ケース入りじゃなくて、レフィルが安いので、家にパウダーのケースがあればそれに移し替えても良いと思います^^

あんまり色つかないので、男性の方でも使えると思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?参考になったらうれしいです。
ほかにもこんな記事書いているのでよかったら見てみてください。

日傘は完全遮光が絶対良い理由。人気はサンバリアの折りたたみ!
日焼けのアフターケアにはカーマインやアロエが効く!馬油もおすすめ
口の周りが乾燥して皮がむける理由と対策!クレンジングにも注意
ビタミンc誘導体がニキビ跡には効く!その理由とおすすめ化粧水

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする