佐藤玲(架空OL日記さえ役)の性格や私服が気になる!実は愛想がない?

おはようございます!

今日は、4月13日に放送がスタートするバカリズム脚本のドラマ「架空OL日記」に出演される佐藤玲さんについてまとめました。

ちょっと童顔で透明感があって、宮崎あおいさんに似たイメージでしますが、ご本人いわく似ているのはポニョらしいです!笑

スポンサーリンク

佐藤玲ってだれ?

 プロフィール

成年月日 1992年7月10日生まれ
身長 156cm
出身 東京
大学 日本大学芸術学部演劇科
所属  テアトル・ド・ポッシュ

佐藤さんはお芝居の世界に本当に没頭されている方で、15歳で劇団に入団し、普通の学校生活を送る一方で5年間稽古をこなしつづけました。そして20歳のとき、蜷川幸雄さん主催の団体へ入って浦姫物語に参加。青春時代のエネルギーはほとんど演劇と注がれていたようです!

「リクナビNEXT」や「サランラップ」などのCMや「少女」「イニシエーション・ラブ」「沈黙-サイレンス-」など映画でも活躍されています。

5月に公開される石井裕也監督最新作、石橋静河 × 池松壮亮のW主演となる映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」にも出演されていますが、佐藤さんによるとこの映画は今まで出演した作品の中で最も人におすすめしたい、とのこと。すばらしい作品のようです。

スポンサーリンク

どんな性格か気になる!

ブログやインタビューなどをもとに、佐藤玲さんの性格を分析してみました!

舞台への愛に溢れてる

15歳から劇団に所属しているだけあって、ミュージカルやお芝居など、舞台で演じることへの愛情がとても深い方です。

今日は3本も舞台をはしごしてしまい、さすがに体力が…とか、よぎりつつもどれも素晴らしくて幸せいっぱいです。舞台やりたいなぁ。いい気持ちと悔しさみたいなものがぐるぐると。

出典:Ryo Sato Official Blog

と常日頃から舞台やミュージカルは観まくっている様子。日芸の出身なので、同級生や先輩後輩の出演するものを観にいくことも多いみたいです。

どういう点に惹きつけられるのかも、ブログでちゃんと綴っていました。

観客と制作側が同じ時間を過ごすということ、上演される劇場という場所にお客様が足を運び俳優陣やスタッフ陣が迎えひとつの作品を通してその空間でなにかを体験をするということ。これはジャンル問わず”舞台”の最大の魅力です。

確かに、映画だとその場にキャストさんたちはいませんが、お芝居だと今目の前で演じてる、本当に生の姿を見ることができますね!

まめ

最近はさすがに忙しくなりすぎたのかあまり見ていませんが、以前はツイッターやブログでわざわざ便箋に直筆のメッセージを書いてファンに近況報告や自己紹介をしたりと、かなりまめな印象を受けました。字もすごく綺麗です。

話題のデトックスウォーターやドレッシングなども手作りするよう。

あっちゃんが神!

7月10日生まれで、1つ上の前田敦子さんと同じ誕生日!

実はアイドルが大好きという佐藤玲さんは、映画の打ち上げのときにあっちゃんに壇上から告白したエピソードもあるとか!?前田さんと共演した映画といえば、やはり「イニシエーション・ラブ」の打ち上げのことでしょうか?

きっと日本のたくさんの女の子と同じように、あっちゃんは神格化された存在らしいです。

昔はキャリアウーマンになりたかった?

今の道に進むと決めるまでは、今の年齢の頃にはきっと、丸の内か外資系かでキャリアウーマンとしてバリバリ働いているんだろう、と思い理想にもしていたそうです。

舞台や表現が大好きな方なので小さい頃から女優さんを目指していたのかと思い、ちょっと以外でした。

ほんとは全身黒が好き

意外な一面をさらに!実は幼稚園のときから全身黒いものばっかり着ていたとか。

幼稚園児の女の子で真っ黒って、逆に結構目立ってしまいそうです・・。しかしその頃から服を選ぶ意思があったということなら、それは逆にすごいこだわりです。

最近では、イメージに合わせて明るい服を買ったりされるようですが、実際は落ち着いた服の方が好きみたいですね。インスタを見てると、撮影やお芝居の衣装も多く気づかなかったのですが、確かに私服は黒が多い!

愛想がなくて男らしい!?

佐藤さんは見た目が童顔で可愛らしい感じなので、役柄もやっぱりふわふわした系の女の子の役が多いそうです。しかし実は、そういう役を通して佐藤さんを見る私たちのイメージとは違い、愛想がなく男っぽい性格だとか。

ありがたい限りですが、あんまり幻想をいだかれすぎてもちょっと困っちゃうなーって感じです。本当、基本的には男の子みたいな感じです。丁寧でも細かくもなくてですね。結構ちゃきちゃきリーダータイプで。

これが自然体なんでしょうが、やっぱりギャップとしてうつってしまいます!

しかし、ちゃきちゃきリーダータイプというのはやはり本当のようで、日芸卒業後、日芸のレベルが落ちてるのでは!?と言われるのを見返したく、リーダーシップをとって人を集め企画し、ミカン映画祭という映画予告のみのコンテストがあるのですが、それでみごと、日芸卒業メンバーとともにグランプリを獲得しています!

そのグランプリを受賞した映画予告はこちらのMI-CANから見ることができます!

もちろん主演は佐藤玲さんご本人がされてます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする