サトウキビジュースの効果は!?黒糖と白砂糖の作り方はどう違うのか?

サトウキビジュースってなに?

私たちが毎日料理につかったりコーヒーに入れたりするお砂糖の大半は、サトウキビというイネ科の植物からできています。

こんなに甘いものが採れるなんて想像できないくらい、青々としていて凛とした植物です。

これですね!

世界中の砂糖のうち70%がサトウキビ、30%がテン菜からできており、サトウキビはブラジル、インド、タイ、コロンビアなど高温多湿の国でよく育ちます。

日本でも沖縄で栽培されており、明石家さんまさんの主演していた切ない戦争映画『さとうきび畑の唄』では、大人の背ほどもありそうなサトウキビ畑が一面に映っていましたね。

私たちは加工済みの砂糖しか知りませんが、生産地では茎の部分を食べたり(サトウキビの甘みは茎に蓄えられています)、専用の機械で汁を絞ってジュースとして飲んでいたりします。

東南アジアではだいたい1杯100円以下で買えますので、ココナッツジュースと並んで人気です。だいたいプラスチックカップやビニールぶくろに氷と入れて街のあちこちで売っています。

注文すると、茎の皮を削いだものを目の前で絞り機にかけてくれ、その絞り出された液体がサトウキビジュースです。100%自然の恵みです。

ライムを絞ったりしてくれるとこもあるみたいですね。

砂糖の原料なのだからむちゃくちゃ甘いのでは!?と思うかもしれませんが、実はとても爽やかな、自然な甘さです。暑くて喉が渇いたときに飲むと本当に美味しくて、一気に飲み干してしまいます。

スポンサーリンク

サトウキビジュースの効果、カロリーは?

サトウキビジュースには、白砂糖よりも栄養が多く含まれています。

というのも、白砂糖を作る工程というのはとても複雑で、その間にサトウキビに本来含まれているはずの栄養素が全て失われてしまっているからです。

自然なジュースの状態で飲むと、次のような効果があります。

太りにくい

サトウキビジュースのカロリーは250mlで180カロリー程度となっており、1杯のジュースとしてはちょっと高めですね。

しかしポイントとなるのは、サトウキビの糖分が植物性の果糖(フルーツと同じ)やグルコースからできているため、GI値が低いということです!

Raw Can Super Juiceのサイトによれば、サトウキビジュースのGI値はだいたい30〜40。白砂糖のGI値が109なので、かなり違います!

GI値は、低いほど血糖値が上がりにくく身体にゆっくり吸収されるので、脂肪がつきにくいのです。エネルギーのある状態も長く保たれるので、突然砂糖が切れたときの疲労感やイライラ感も感じにくいです。

大豆バーのソイジョイも低GI食品ということを売りにしていますよね。

普通のジュースのように人工甘味料や白砂糖を多く使ったものはもちろんGI値が高く、突然の血糖値の上昇は肝臓にもダメージをかけてしまいます。

その点、血糖値が上がりにくいサトウキビジュースは安心です。

抗酸化作用

抗酸化作用で有名なポリフェノールも多く入っています。身体に発生する過剰な活性酸素を抑えてくれる働きがあるものです。

そもそもポリフェノールは、光合成により生成されて、植物のなかで見つかる物質なので、人の手が加わる白砂糖には入っておらず、サトウキビジュースにだけ豊富なのは頷けます。

ポリフェノールは抗酸化作用以外にも、心臓血管病や骨粗鬆症を防ぐ効果が知られています。

便秘に良い

サトウキビジュースには、小腸を含む体内の筋肉の動きをスムーズに保つために重要な、カリウムがたくさん入っていますし、小腸にカリウムが補充されると電解質も補充されて、腸管の水分が増え、結果柔らかい便になって出やすくなります。

また、カリウムは電解質を均衡にする働きもあるので、腸管の状態を良好に保ってくれるのです。

エナジードリンク代わりに

サトウキビジュースには、カルシウムやマグネシウム、鉄分、カリウムなど、人の身体に欠かせないミネラルが豊富に含まれており、汗をたくさんかいて水分が失われたときの栄養補給にぴったりです。

疲労回復を助けるビタミンB群も入っています。

普通のエナジードリンクなど、白砂糖もカフェインもたっぷり入っていて、身体に良いとは言えませんので、サトウキビジュースの方がオススメです。

スポンサーリンク

黒糖も身体にいいよ!

このように、自然の甘さと栄養を蓄えたサトウキビジュースは私たちにとってとても魅力的なナチュラルドリンクです。

でも、日本にいたらそこまでお目にかかれるものではないですよね!

通販もありますが、水で薄めて売っているものも多いので、通販される際は確かめてくださいね。

白砂糖が身体に良くないのは、見た目の綺麗なものを作る工程で、様々な栄養素がすっかり奪われてしまっているためです。

しかし、サトウキビジュースより手軽に、その栄養素を残したまま楽しめるものがあります。それは、沖縄土産の定番、黒糖です!!

白砂糖は、サトウキビを絞って、不純物を取り出して、煮詰めて、遠心分離機でまた不純物をとって、という工程が繰り返し行われ、結果、不純物が一切含まれていない、真っ白サラサラの結晶が出来上がります。

しかし黒砂糖は、サトウキビを絞って、不純物を取り出して、煮詰めて、その段階で固めただけのものです。ミネラルやビタミンがまだ残った状態で、私たちの手元に届きます。

サトウキビの栄養が、まだまだたくさん残っています。

白砂糖から黒糖にチェンジするだけで、低GI値、スポールドリンクなみの栄養素などのメリットがありますので、おすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする