ローズヒップオイルはニキビに効果的!使用の注意点もまとめました

おはようございます。

今日はローズヒップオイルとニキビの関係についてまとめてみました。

ニキビなのにオイル!?

このブログで時々美容ネタを書きますが、私はオイリーでニキビが出来やすい肌質ですが、色々と試してみたいタイプなので、これまでもオイル美容としてホホバオイルを取り入れていました。

ホホバオイルは安全性が高くてビタミンEたっぷり。サラっとお肌に浸透していくので、気が向いた時にお肌の状態に合わせて時々取り入れていました。

しかし最近、オイリー肌でもオイルスキンケアがありなんだな〜と思い慣れてきた私、他のオイルも試してみよう!と調べ尽くし、これだと思って使い始めたものがあります。それがローズヒップオイル。

買ったのは、トリロジーというメーカーで、ローズヒップオイルの中ではたぶん一番有名な?もの。私は安いものも高いものも特に関係なく買いますが、新しい製品を試してケミカル色が強いと、肌が赤くかゆくなることが多々あります。

1本1万円以上の美容液を買ってワクワクしながらつけたら全然合わない!という残念すぎることもふつうに起こります。そのため、オーガニック認定で育てるのに全くケミカルを使っていないという、トリロジーローズヒップオイルを購入したのですが(コスメデネットというサイトで安く買えました)、確かに、良いです。

ニキビが一度できると炎症しやすい、跡に残りやすい肌質ですが(特にフェイスラインや頬)、ローズヒップオイルは、小さい白ニキビの段階で消えていく、刺激から守って炎症を防いでくれている感じがします。

ちなみに、ローズヒップは薔薇のお尻という意味ではなく、ヒップは古い英語で「バラの実」だそうです。赤色で、直径3cmくらいの可愛らしい果実です。↓

ローズヒップという可愛い名前でも、結局は植物油。なぜ油なのに大人ニキビに効果的なのか、それはローズヒップがビタミンの爆弾とも呼ばれるくらい、たっぷりの美容成分が含まれていることに秘密があるみたいです。

天然でありながら、以下の美肌成分を含有しています。

スポンサーリンク

ビタミンA

レチノールという名前でも知られ、傷ついたお肌の細胞を修復する、血行を促進するなどの効果があります。お肌のターンオーバーを促進してニキビの出来にくい肌に整えてくれる効果も。

ビタミンE

抗酸化作用があるのでアンチエイジングの代表的なビタミンですが、こちらもお肌のターンオーバーを促進する効果があります。

ビタミンC

環境ダメージからお肌を守ってくれる美肌の代表的なビタミン。毛穴を引き締める効果があるので皮脂が詰まりにくく、結果としてニキビができにくくなります。また、抗酸化作用、消炎・抗炎症作用、皮脂抑制作用があるので、ニキビの赤みを抑えたり油っぽさを軽減する効果も期待できます。

脂肪酸

脂肪酸が足りない肌は水分不足になりやすく、ニキビやシワができやすい状態になります。ローズヒップオイルには、オメガ3、6、9の脂肪酸が含まれているので、ダメージを受けたお肌の細胞に働きかけ美肌へ導く効果が期待できます。

そもそもなぜニキビができる?

大人ニキビの原因はとっても複雑。でも、大人ニキビの原因の多くは、お肌の水分量が不足していることだといわれています。普段はニキビができない人でも生理前になると出来やすくなるのは、お肌の毛穴が部分的に(フェイスライン、顎など特に)乾燥して、毛穴に皮脂が詰まりやすくなるからです。

勘違いされやすいのが、お肌がべたつくオイリー肌だと、水分はたっぷりあるよ〜と思うかもしれません。でも 水分量と油分量は別物。べたついていても水分が足りないお肌は、美容液で肌の保湿を高めてあげることが重要になります。

だからこそ、美容成分たっぷりのローズヒップオイルがニキビ肌の改善に役立ってくれるんですね。スキンケアはオイルだけ使ってもオッケーですが、私は化粧水を2回繰り返しつけてたっぷり水分を与えたあとに、栄養届けー!と念じながら使っています。笑

スポンサーリンク

注意点

ローズヒップオイルとニキビの関係について買いてみましたが、もちろんお肌に合う・合わないがあると思います。お肌が荒れやすい方は、使う前に身体の別の部分にちょこっと塗って、赤くなったりしないか見てみてください。

また、未精製のローズヒップオイルは、魚臭い、生臭いと匂いへの評価はよくないです!やっぱり香りも良いものがいいな〜と思う方には、向いてないかもしれないですね。私は匂いはなんでもいい鈍感タイプなので、魚臭いといことさえ気づきませんでした。。

また、以下の点も気をつけてください。

一度の使用量は2〜3滴程度。つけすぎは逆にニキビ発生の原因に。

美容成分たっぷりと効くとついついつけすぎますが、もちろん油分のつけすぎは毛穴を詰まらせる原因になります。少しの量を手のひらにうすーく伸ばし、お肌を両手で包み込むように使いましょう。

酸化しやすいので、涼しい暗所に保管。

ローズヒップオイルは残念ながら酸化しやすいです。一度開けたら、1ヶ月をめどに使い切った方が良いとされています。なので、肌だけでなく髪や首、デコルテなどにも使用して、なるべく早く使い切りましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?参考になったら嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする