シェムリアップのおすすめ人気カフェ。Noi Cafeでリラックス

おはようございます。

今日はシェムリアップにいったときに利用するお気に入りのカフェをご紹介したいと思います。

シェムリアップの人気カフェ

いまでこそ、シェムリアップでもプノンペンでも、あちらこちらにみられる屋台のカフェ。
そんな屋台カフェの草分け的存在とも言えるのが、シェムリアップ発のNoiカフェです。

いつ行っても地元の人たちで賑わっていて、
クーラーはないけどリラックスしてひと休憩ができる場所。

2013年にオープンしたNoiカフェですが、いまではなんと16箇所。シェムリアップに限らず、プノンペンとバッタンバンにあります。

こちらの、シェムリアップのオールドマーケット付近にある店舗が、座る場所も広めにあって雰囲気もミニオアシス的な感じで気に入ってます。

支援者のNoiさんというタイ人の方のお名前がカフェの名前の由来だそう。

私もシェムリアップに出張に出かけた際には必ず利用します。

スポンサーリンク

カンボジアのコーヒー事情

2013年当時、地元の人たちが飲むのは練乳と氷を山ほど入れた、甘〜いコーヒーもどきでした。謎のコーヒーエキスは正体不明で、コーヒー豆ではなく香りだけつけた大豆から作られている場合もあったそう。

味もとても甘ったるいもので、暑さにばてた時に飲むとじ〜〜んと甘さが染みわたって確かに元気は湧いてくるのですが、コーヒーを飲んだ気になるかというと、なりませんでした。値段は2000〜3000リエル(50円程度)と格安ですが、正直、飲んでお腹の調子が悪くなることも、ちょくちょく。

そんなコーヒーがすっかり定着していたカンボジア。

しかしNoiカフェのカンボジア人オーナーは、ちゃんとしたコーヒーを売ろうとイタリア製の高性能エスプレッソマシンを購入して、アラビカ種のコーヒー豆を使用。ふわふわのフォームミルクをトッピングしたカフェラテや、美味しいエスプレッソを売り始めました。その味に人気が出て地元の人たちでもリピーターが増えていったそうです。

カンボジアでは、ものが売れて儲かってる人がいると、すぐに全く同じビジネスが広がります。そのためNoiカフェの人気が出た後、同じようにちゃんとしたコーヒーマシンを買って屋台で練乳の入っていない本物のコーヒーを売る人が増えました。

つまり、いまカンボジアでいくらでも屋台カフェが見つかるのはNoiカフェの存在があってこそ、と言えるかもしれないですね!

一番お気に入りのアイスカフェラテ。1.25ドルです!

場所はこちら。川沿いで通りに面した場所にあります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?シェムリアップに行った際はぜひ行ってみてくださいね。
他にもこんな記事があるので、ぜひ見てみてください!

カンボジアの治安(2019年現在)はどう?注意点や緊急連絡先
プノンペンのソリヤモールでショッピング。リニューアルでいい感じに
プノンペンからシアヌークビルへ移動。バス料金や時刻
カンボジアお土産ランキング【おすすめのお店inシェムリアップ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする