パンプス臭いの取り方や対策は?ベーキングパウダーや紅茶を使おう

おはようございます。

毎日一生懸命働く女性の方、足元にはヒールやパンプスを履いている方も多いと思います。しかし毎日ずっと同じのを履いていると、だんだんと臭いが気になってきますよね!靴なんて高い買い物ですから、そう何足も持ち合わせていませんし、梅雨の時期など靴が次々と濡れてしまうので、最終的には湿った靴をそのまま履くなんていう荒技も、している方いませんか?(※私です!)

でも女性として、靴を脱いだ瞬間にムワ〜〜っと臭うという現象だけは避けたいと思っております!そこで今日はパンプスに臭いをとって快適に履き続ける方法をリサーチしてみました。

スポンサーリンク

臭いを寄せ付けない対策は?

そもそもパンプスが臭ってくるのは、足の汗や皮脂が原因。パンプスの中は、ストッキングなど履いていると特に通気性の悪く、汗や皮脂がまざった垢が蒸されて雑菌が繁殖してしまうのです。その雑菌がパンプスに溜まり、足だけでなくパンプス自体も臭うようになります。

足の裏って汗をかいても感覚が殆どないですが、なんと1日でコップ1杯分の汗が出ているそうです。夏場はもっとですね。臭いを寄せ付けないために簡単にできることには、以下の方法があります。

①殺菌効果のある石鹸で洗う

臭いの元は結局は自分の足ですから、なるべく足を綺麗な状態に保つのが一番大切です。足の指まで1本1本、それぞれの隙間も丁寧に洗ってあげましょう。

殺菌力があり足の臭いに特化している薬用石鹸がいいと思います。しかし殺菌力のあるものは皮脂が取れずぎて乾燥してしまう場合もあるので、乾燥でかかとが割れたりする方は、保湿作用もあるものを選んでください。それでも乾燥するなら、身体用の石鹸と足用石鹸を1日おきにつかってみましょう。

お風呂もあとは足裏を濡れたままにせず、やさしくタオルで拭いてください。フットスパなどに行く余裕のある方は、定期的に通って足のスクラブ、あかすり等してもらったらもっといいですね。

②日にちを空ける

毎日同じ靴を履くよりも、日にちを空けてあげましょう。なるべく1日でも空けた方が臭いのためにはベターです。理由は、前日に靴に残った汗や皮脂などの水分が完全に乾いていないから。履いた感じでは分からなくとも、実はパンプスの中は湿っています。完全に乾かすために、日陰で1日は休ませてあげる必要があるのです。

気に入った靴は毎日履きたくなりますし、私もパンプスが臭ってきた原因がこれでした。なので、お気に入りの靴を少なくとも2足用意して、交互に履くようにしましょう。

③ベビーパウダーをつける

足の蒸れを防ぐために、靴を履く前にベビーパウダーを足にパフパフ。ベビーパウダーが汗を吸ってサラサラの状態を長く保ち、蒸れにくくしてくれます。塗りすぎると、たくさん汗を書いたときに固形のダマになってしまうので、薄〜く塗ってください。良い香りのついたベビーパウダーを使用すると、さらに臭いを感じにくくなるかと思います。

また、ベビーパウダーは靴の除湿にも使えます。コーヒーの紙フィルダーなどにベビーパウダーをいれて靴のなかに入れておきます。余分な水分を吸着してくれるので早く汗を乾かすことができますよ。

また、中敷を定期的に交換する、デオドランド剤を利用するなどの方法もあります。一番簡単でやりやすい方法を見つけてみてください。

スポンサーリンク

臭ってきたら試したい!

以上の対策をしても臭いがダメだったという場合、次のアクションへ進みましょう。やっぱりオフィスで靴を脱いて臭いがぷ〜んなんて、避けたいですからね。

①ベーキングパウダー(重曹)を使う

w先ほどのベビーパウダーと同じ方法で使えます。コーヒーフィルターにベーキングパウダーを入れて、テープやゴムでこぼれないようにして靴の中に入れておきます。ベビーパウダーよりも消臭効果が強く、臭ってきた後からでも効果を発揮してくれます。

ベーキングパウダーの重曹が効果を発揮してくれているので、重曹でも大丈夫です。家にある方で試しましょう!汚すものではないので、靴の上から全体的にふりかけてもオッケーです。

②冷凍庫に入れる

食べ物を入れる場所に、靴をいれるなんて!と驚かれるかもしれませんが、実は靴の悪臭の原因である菌たちは、冷凍することでほとんど死んでしまうのです。もちろんそのまま入れるのは多少気持ちが悪いので、ジップロックなど密封できるビニール袋にいれましょう。履いて1日置いた、完全に乾いた状態です。

視覚的に嫌な人は、タオルをかぶせてカバーしても良いですね。別に気にならないという人は、普通のビニール袋にいれて口をしばるだけでも大丈夫です。冷凍して1晩おけば、かなりの確率で臭いがなくなっています。もしまだ臭うという場合は、2日目に突入。消臭剤も一緒に入れてあげたらさらに効果が上がります。

③アルコールをスプレーする

ドラッグストアなどに売っている消毒用アルコールを100均のスプレーボトルなどに入れて、軽く靴にふきかけます。アルコールの殺菌効果が臭いのもとである菌たちを死滅させてくれます。ただし、靴の素材によってはアルコールが変色のもとになるので、特に革の靴の場合は、外側にかからないように注意しましょう。内側だけです。

また、かけてすぐに素足で履くのは足への刺激となってしまうので、帰って靴を脱いだときがタイミング。通気性の良い場所に置いておきます。

④紅茶のティーバックを使う

紅茶のティーバッグを靴に入れることでも、消臭効果が期待できます。その理由は、紅茶に含まれるタンニン。タンニンには殺菌効果があり臭いのもとの菌を殺してくれます。やり方としては、まず普通に紅茶を作って飲みます。そのティーバッグを取り出して、完全にかわくまで待ち、1時間くらい靴の中にいれておくだけ。(※濡れたままだと逆効果です)

紅茶を飲む習慣のある方はリサイクルになるのでおすすめ。もしティーバッグ1つで効果が薄ければ、2個3個と増やしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?足までケアしてる素敵女子を目指して、ぜひ試してみてください!
ほかにもこんな記事を書いているのでよかったら見てみてください。

アクセサリーの変色を防ぐためには?香水や汗は敵である!
コーヒーのカフェイン摂取量1日の目安は?摂り過ぎは震えや興奮に!?
忙しい女子でも気軽に気分爽快!エッセンシャルオイルの使い方と選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする