カンボジアお土産ランキング【おすすめのお店inプノンペン!】

おはようございます!

今日はカンボジアのプノンペンでお土産探しにもってこいのお店を、おすすめ順にご紹介していきたいと思います。お友達にも家族にも、男性にも女性にもうれしいものがプノンペンにもたくさん揃っていますので、ぜひお買い物を楽しんで欲しいです^^

スポンサーリンク

①スマテリア

カンボジア旅行中に出会ったフランス人女性が2人が立ち上げた、歴史あるリサイクル小物ブランド。蚊張や農業の場面で使われるネットや強度の高いゴミ袋、家具工場から捨てられるイタリアンレザーなどを使って、丈夫なカバンやポーチ、キーホルダーなどを色んなパターンで作っています。

「女性のスキルと独立」をコンセプトにしたソーシャル企業なので、スタッフさんの80%は女性でたくましいお母さんたち。デザインはすべてフランス人が行っており、男性でも女性でも使えるシンプルな形と機能性が人気です。子供用のリュックなども。

日本でも百貨店の特設コーナーで販売されることがあるみたいですが、もちろんカンボジアで買えば激安。大小様々なポーチが7ドル〜15ドル程度でバラエティ豊富にそろっているので、友人に色違いで買ったりとできます。本店は観光客が集まるボンケンコンの中心部。プノンペン空港、シェムリアップ空港でも買えます。

電話:(+855) 023 211701
住所:#8 E0, St 57, Boueng Keng Kang, Phnom Penh
ウェブサイト:http://smateria.com/

②クラタペッパー

実はカンボジアの胡椒、とくに黒胡椒(ブラックペッパー)は昔、世界で一番美味しいと言われいました。いまでも、現地の人々の食事には胡椒は多く登場。シーフードやビーフといっしょに小さな枝についたままのホール胡椒を炒め、それを歯で潰しながら食べたり、焼肉は胡椒にライムを絞ったものをタレに使ったりとしています。

1970年代のポルポト政権で胡椒栽培の土地や技術が崩壊したのですが、なんと日本人男性が胡椒の復活に尽力。有機無農薬栽培で胡椒畑を一からつくり、今また「世界一美味しい」カンボジア胡椒が食べられるようになりました。

日本でも、有名なレストランで使われてたりテレビで紹介されたりとしているので、料理をする人には嬉しいお土産です。胡椒の漬物やポップコーン、ストールなども売ってます。

電話:012 842 970
住所:#5 St.222, Boeng Raing, Daun Penh

③Cambodia Creations

女性や子供へのお土産にぜひおすすめしたいのが、カンボジア・クリエイションズのかわいらしいグッズ。フェアトレードのもとつくられたハンドメイドのアクセサリーやスカーフ、ぬいぐるみなどたくさんあります。オリジナリティがあって、ローカルの市場などで買うよりもずっとクオリティが高く、女性ならもらって嬉しいものがたくさん。

カンボジアのソーシャル企業がいくつか集まり共同でやっているショップなので、デザインにもそれぞれの持ち味があります。エレガントだったりキュートだったりと、一つのお店なのに色んなお土産やさんを回った満足感があって「どこに行っても同じようなものしか売っていない」イメージのカンボジアを覆してくれます。かわいいお店ですよ!近くにもいくつかおしゃれなお店が集まっています。

電話:097 522 3043
住所:Street 240 1/2 Laneway, off street 240
ウェブサイト:http://www.cambodiancreations.com/

スポンサーリンク

④Sui-Joh

日本人が運営している、カンボジア発のファッション&雑貨ブランド。「日常に彩を」をコンセプトに、メイドinカンボジアでクオリティの高いグッズを作っています。テイラーさんたちが一つ一つ手作りしたバッグやポーチ、シャツなどは温かみがあり、カンボジア伝統の布「クロマー」を利用しています。現地のファンも多いようです。

シャツはオーダーメイドが可能で、その場でサイズを測りデザインの注文を色々と聞いて作ってくれます。最短3日で仕上がるそうです。ショップではカンボジア人テイラーさんがミシンをうつ姿も見ることができ、アットホームな接客もポイントが高いです!本店は路地を入ったところにありちょっと見つけずらいかも。

電話:+855 17 230 583
住所:Street 294 25Z, Phnom Penh / Himawari Hotel
ウェブサイト:http://suijoh.com/

地図はこちらに載っています。

⑤Daughters of Cambodia

売春婦として生計を立てる貧しい女性も、いまだに多いプノンペン。このお店は、そんな境遇にいた女性たちを救済し、ものづくりや接客を教えている場所。売春以外の仕事のスキルを身につけることで女性の自立をサポートしています。

お店はリバーサイド、とてもかわいい店内で、カフェやスパも併設。お土産としては、服やアクセサリー、クッションやカバンにポストカードなど色んなものがそろってます。服とカバンは男性用もありますよ!アクセサリーはファンシーかエスニックなものが多く、ポーチなどのグッズは、キルトや刺繍を使った優しい雰囲気のものが多いです。場所はリバーサイドの人気エリア。

電話:+855 89 910 203
住所:#321 Sisowath Quay, Phnom Penh
ウェブサイト:https://www.daughtersofcambodia.org/about-us

⑥Watthan Artisans

こちらは障害のあるカンボジア人たちが手作り・販売しているお店。コットンのブランケットやシルクのスカーフなど、使い心地の良さそうなものがたくさんあります。服の柄も、バナナの葉っぱなど自然にあるものをモチーフにしていて面白いです。フルーツの種を使ったアクセサリーや、ココナッツの殻でできたお皿など、日本ではあまり見ないものも。ノロドム通りにあるお寺(ワット・タン)の中にあります。

電話:+855 12 555 974
住所:In Watthan Pagoda, Norodom blvd, Tonle basac, Chamkar mor
ウェブサイト:http://www.wac.khmerproducts.com/


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?カンボジアでしか手に入らない素敵なものたち。せっかくの旅行なのでお気に入りが見つかったらいいですね!

アンコールワット入場券の売り場や料金(2018年)。カード払いもできるの?
カンボジア旅行の持ち物は?<女子向け>便利なものリスト!
⇨カンボジアからベトナムへは陸路で!おすすめバス会社も紹介
カンボジアお土産ランキング【おすすめのお店inシェムリアップ!】
カンボジアへのビザ申請料金(2018)はネットと空港どっちが安い?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする