岡田紗佳「中国人」と罵られた経験も。ブサイク発言で炎上とは?

おはようございます!

今日は、ノンノの専属モデルでプロ雀士という顔をもつ岡田紗佳(さやか)さんについてまとめました!

プロフィールは経歴

プロフィール

生年月日 1994年2月19日
出身地 東京都
血液型 O型
身長 170cm
特技  中国語

ノンノのモデルオーディションでグランプリとクリニーク賞を同時受賞して、18歳から専属モデルとして活躍している岡田紗佳さん。ノンノ読者でもファンの多いモデルさんで、おかっぴの愛称で親しまれてます。

青山学院大学を卒業し英語と中国語が堪能な才女として知られ、ネイリストやプロ雀士などの資格をもつとても多彩な女性です。

最近はバラエティ番組でもよく見ますね!

中国人ならではの苦労?

岡田さんは、父親が日本人で母親が中国人のハーフです。みた感じはハーフと全くわからないくらいですよね。ご本人も、まず顔だけではわからない、と話しています。

日本の病院で生まれ日本の国籍を持ちますが、小学校の6年間は上海のおばあちゃんのお家で暮らしていたそうなので、中国語ももちろんペラペラです。

ハーフというと、顔立ちもはっきりしている方が多く海外経験も言語も豊富になるということで、何となくうらやましく思いますよね。

しかし実際、中国人とのハーフ、というのは辛いこともあったようです。

小学生のときは、普段は中国人の学友と混じって遊びますが、授業で日本との戦争の話になると、突然日本人呼ばわりされはじめたたようです。

また、友達と喧嘩したり先生に叱られたときも同じだったようです。

「これだから日本人は・・」みたいな感じでしょうか。

小学生の女の子にとって、すごく辛いことだったと思います。

逆に日本に帰っても、学校で仲間はずれにされたり、中国人だといって嫌われたり、そういう差別的な扱いを受けることが中国にいたときよりもずっと増えたそうです。

ひどい時は、廊下ですれ違っただけで「クソ中国人め!」と言われたこともあったそうです。

日本の子供のほうが差別意識を強く持っていたんですね。中学生という年齢的なこともあったのでしょうか。日本に戻ってきたばかりだったので、もしかしたら最初は日本語があまり上手でなかったのかもしれません。

それにしても、ものすごい苦労をされているのに、中国人ハーフということを決して隠さず、堂々とモデル・グラビア活動をする岡田さんにものすごい強さ、心のたくましさを感じます。

ブログにも、チャイナ服もどきの服を探しに行った、みたいな記事がありました。

「ハーフってかっこよくていいな〜」と何となく思っていましたが、どちらの国に対しても疎外感を感じている、そんな方もいるのかもしれません。

しかし高等部から通い始めた青山学院では、さすがに幼稚な差別発言は減ったみたいで、友人もたくさんでき楽しく過ごせたみたいです。よかったですね!

すっぴんが美しい!

そんなたくましい岡田さんですが、やはりモデルさんなので体型維持やお肌にもかなり気を使われている様子。

特にダイエットに関しては、小麦粉を制限することを常に意識しているようです。

小麦粉といえば、ラーメンにパン、パスタにケーキなど、私たちの大好きな食べ物の多くに使われています・・。

しかし彼女にとっては、「体に悪そうなので制限するもの」のようです。

でもお米はたくさん食べているみたいです。

小麦粉って実は身体への影響が大きいものみたいで、お肌の状態にも影響してきます。特にアレルギーとは思っていなくても、小麦粉の摂取をやめたら突然肌が綺麗になった!という方も多いみたいです。

その食生活のおかげかお肌はやっぱりつるつる。こちらがすっぴん&加工まったくなしの状態だそうです。さすがモデルさんです。

美しいですね!

それでもお肌が荒れたらすぐに皮膚科に行ったり、美容鍼やレーザートーニング(シミ専用レーザーだそうです)などの施術をエステで受けたりされてるようです。

なぜ炎上した?

そんな岡田さんですが、今月放送された「サンデージャポン」に出演した際のコメントがきっかけでちょっと批判を浴びてしまったそうです。

それは、女性の顔写真からメイクを除去できるアプリ、「MAKEAPP」についての特集でした。

どれだけ念入りにメイクしても、一瞬で「すっぴん」を晒されてしまう――。そんな、世の女性たちを震え上がらせるようなアプリがインターネット上でじわじわと注目を集めている。

名前は「MAKEAPP」。2017年5月ごろにリリースされた無料のiOSアプリで、「ニューラルネットワーク技術」によって写真に「メイクアップ」「メイクオフ」のデジタル加工を施すことができるという

出典:Jcastニュース

確かに女性にとっては怖すぎるアプリです・・。

これについて爆笑問題田中さんからコメントを求められた岡田さんは、次のように発言。

「世の中にはブスでも一生懸命メイクして可愛くなろうとしている人がいる、そういう子の気持ちをかんがえるとすごいかわいそう」。

「石原さとみさんみたいにすごくかわいくしてるのに、ビフォーをみるとほんとブスだったりするので。怖いものみたさみたいな感じでちょっとメイクを剥がしてみたいという気持ちはあります」。

確かに、これは暗に(自分はブスじゃないけどブスの子は・・)っていう思いが見て取れますね。たとえ心では思っていても常識的にテレビでいうようなことじゃない、と岡田さんの年齢であれば分かりそうなものです。

正直な感想なのはわかりますが・・・。

「これは怖いですねー!」

くらいで済ませていたら、好感度アップだったかもしれません。

この放送以来ブログは更新されていないのでどういう心境なのか今は分かりませんが、どんどんテレビ出演が増えている方なので、気をつけた方がよさそうです。

まとめ

中国人ハーフモデルとしても雀士としても、どんどん活躍してほしいですね^^!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする