オイリー肌(脂性肌)の洗顔方法は?朝の水洗顔や洗顔料について

今日は、お肌が常にベタついてニキビができるっ!とお悩みの方に、オイリー肌だからこその勘違いや、気をつけてほしい洗顔ポイントをまとめてみました。

洗顔はすればするほど良い?

オイリー肌の方、洗顔はすればするほど良いと思っていませんか?私もそう考えていました。オイリー肌でニキビができるのは、それは肌に皮脂やら汚れやらが浮き上がって毛穴に詰まって炎症を起こしてしまうから。

「つまり、洗顔しまくって皮脂がたまらないようにしたらいいんでしょ!?」と思いました。

でも、洗顔すればするほど、なぜか肌が疲れてるというか、毛穴が目立つようになるというか、寝不足みたいな感じになり、また、ニキビも普通にできつづけました・・。

スポンサーリンク

バリア機能が大事!

でも実は、お肌にはバリア機能というものがあって、肌の内部で作られる水分と油分で作られた皮脂膜が、お肌のうるおいを保ってくれているんです。そのバリア機能を維持するには、刺激を与えないことが一番大切。

でも洗顔というのは、水の温度や水圧、触れる手の平、洗顔の成分、顔を拭くタオルのゴシゴシなど、肌に刺激があるもの。そのため、洗顔しすぎるとバリア機能が低下して水分が蒸発し、乾燥してしまいます。

乾燥をした肌には、うるおいを取り戻そうとお肌が一生懸命、皮脂を出してくれるのですがれが毛穴に詰まり、ニキビの原因になります。

肌の綺麗な人は、肌を触るとサラサラではなくてベトベトでもなくて、なんだかしっとり。自然なツヤ感があります。バリア機能が正常なので肌の潤いがしっかり保たれているんです。スチームサウナに入った後のお肌の感じです。

1日2回でオッケーです

そのためには、洗顔は朝と夜の2回で十分!汗をかいたら水で流した方が良いですが、洗顔料は使わない方がベターです。

ちなみに、朝は水だけという洗顔方法を石田ゆり子さんとか福山雅治さんとか芸能人の方がしてると聞いて試してみましたが、私にはぜんっぜんダメでしたね。やっぱりオイリーな人は、夜寝てる間にギットギトになるので(私だけ!?)、その脂は石鹸を使わないと落ちません。

洗顔のポイントは?

①手を洗う

私は大雑把な性格なので、家に帰って手洗いしたりうがいしたりする習慣はありません。レストレンではお手拭きが出されますが、使おうというアイディアが生まれないことの方が大半。恥ずかしながら・・。風邪はなぜかひきません。

でも、朝起きて一番に洗うのは手です。それは洗顔をするため。泡立てるのが面倒なので、キレイキレイの泡プッシュをつかいます。朝起きた時、手にも雑菌がついてます。雑菌がついたままだと洗顔の泡立ちが悪くなってしまいます。

②先にぬるま湯でゆすぐ

少しあったかい位の温度のお湯で優しく肌をゆすぎます。そうすることで毛穴が開いて汚れが落ちやすくなり、また、洗顔料がなじみやすくなります。

時間があるときは、タオルを濡らしてジップロックやタッパーに入れて電子レンジで50秒くらいチンして、顔にかぶせてあたためてみてください。スチーム効果があります。

スポンサーリンク

③洗顔は泡立てて、横の動きで

汚れを落としてくれるのは泡です。泡で毛穴の皮脂や汚れを吸着してくれます。そのため洗顔はしっかり泡立ててから肌に載せます。泡にすることで汚れを吸着する面積も増えます。洗顔料をそのままクリームのように塗りたくるのは、肌への刺激が強すぎてパッリパリになります。

また、お肌のキメは基本的にタテになっているため、タテに洗うとキメがより上下に伸ばされて毛穴が目立つようになってしまいます。そのため、洗顔は横の動きで、指を滑らせるように洗ってください。

泡立てるのは、100均一に売ってる洗顔ネットや、節約派の方は、排水溝ネットでも利用できます。洗顔ネットはお風呂の湿度の高い場所に置いておくことになるので雑菌がたまりやすいですので、2週間〜1ヶ月で交換してください。

④夜は軽めの洗顔

朝の洗顔は、寝てる間の皮脂がギットギトなのできっちり丁寧に洗って大丈夫ですが、夜はメイク落としを使うと思うので、洗顔は軽めでオッケーです。男性でも、お風呂に入ってる間に自然と汗といっしょに皮脂が流れますし、また、シャンプーなども顔に触れますよね。

だから、洗顔の泡が触れるのは30秒位。特に固形石鹸は脱脂力が高いので、ささっと手早くあらいましょう。小鼻やおでこなどTゾーンから先に始めてくださいね。

⑤ゆすぎの刺激に注意

泡で洗う時は刺激に気をつけてても、以外とこのゆすぎの時にがっつり肌をゴシゴシしてしまう方が多いようです。自分のお肌が割れる生卵だと思って洗ってみてください。とても軽いタッチになります笑。20回くらいで大丈夫です。

ぬるま湯で流して、最後に冷水で2〜3回洗ってください。余裕がある方は洗面器に水張って顔を浸すと毛穴が引き締まります。でも肌のバリア機能がすでに下がっていると感じる方は、冷水も刺激なので無理しないように。

あと、タオルのゴシゴシもNGです。タオルはお肌に載せて、水分を吸い取る感じ。拭き取るのではありません。そしてなるべく時間をおかずに、スキンケアにはいりましょう。

⑥洗顔料は固形がおすすめ

オイリー肌には、皮脂をさっぱりと落としてくれる固形石鹸がおすすめ。昔は、洗顔料を変えればニキビが治ると考えていたので、様々な洗顔料を試したものです。時給860円のバイトをする学生時代に、5000円以上の石鹸を使っていたことも。

でも気づいたのは、実は洗顔料はシンプルなものが一番良いということ。100円でも5000円でも、ちゃんと洗えば変わりません。むしろシンプルなものの方が、肌に刺激が少なくアレルギーなど起こすことがないので安心して使えます。スキンケアでお金をかけるのは、美容液です。洗顔料ではありません。一周回って、今ではふつうに牛乳石鹸です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?お金をたっぷりかける前に、以外と見直しポイントがあるかも・・?役に立ったらうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする