エッセンシャルオイルで美肌!キャリアオイルと混ぜてニキビやくすみ対策に

アロマディフューザーで焚いてお部屋に香りを漂わせたり、あるいはお風呂にたらしてアロマバスが楽しめたりする、エッセンシャルオイル。

自然の植物から取れたエッセンシャルオイルは、抽出濃度が高く栄養成分もぎゅっと詰まっていますので、そのまま塗ったりマッサージオイルに使用したりすることで、美肌効果も見込めるんです。

今日は、お肌への使い方と効果別の精油の種類についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お肌に直接塗れる精油

 ①ラベンダー

まず、昨日の記事《眠れない時のハーブティーはこれ!ノンカフェイン&リラックス効果でぐっすり》でもご紹介した、ハーブの女王ラベンダー。肌に使うにも安全性が高く、1〜2滴であれば肌に直接塗ることのできる数少ない精油の一つです。

精油を初めてスキンケアに取り入れる方は是非ラベンダーから試してみてください。抗菌・抗炎症の作用があるのでニキビやできたばかりのニキビ跡、傷跡に効果的。

皮脂バランスを整える効果も期待できます。

②ティーツリー

ティーツリーは、オーストラリアでは必ず救急箱に入っていると言われるほど必需品。日本人のオロナインみたいな感覚でしょうか。

こちらも抗菌性が高いのでニキビや傷痕、水虫などに使用できます。ニキビができやすい方は、化粧水に混ぜて使用するのがおすすめです。

ただ、乾燥するので入れすぎると肌がカサついてきます。お肌を観察しながら試してみてくださいね。

この2種類以外は、原液で使えない!

エッセンシャルオイルは抽出濃度が非常に高いので、自然そのままの有効成分がたっぷり含まれる代わります。その代わり、刺激が強くてラベンダーとティーツリー以外は、直接肌につけてはいけないものです。

お肌をケアするには、キャリアオイルと呼ばれる天然の植物油と混ぜて使用することが不可欠です。

10mlのキャリアオイルにエッセンシャルオイルを2〜6滴程度混ぜることで、お肌に使えるマッサージオイルをつくれます。2滴で濃度1%、4滴で2%、6滴で3%になります。

キャリアは運ぶという意味で、精油の美肌成分をお肌に浸透させる媒体として使われてます。キャリアオイル自体にも種類と特徴がそれぞれあるので、自分の使用感で好きなものを選んでくださいね。

スポンサーリンク

キャリアオイルと混ぜて使う精油

①ゼラニウム

フローラルな香りが素敵なゼラニウム。皮脂バランスを整えてくれる作用、血行促進作用があるので、顔のくすみが気になる方に特に良いと言われています。フローラルな香りによって女性ホルモンを整える効果も。

キャリアオイルに数滴たらしてマッサージしてみてください。泥パックに1滴だけ加えてフェイスパックとして使う方法もおすすめ。

②フランキンセンス

樹木の落ち着いた香りが特徴のフランキンセンス。肌の再生作用があるためターンオーバーを促して肌に透明感を与えてくれる効果が期待できます。

キャリアオイルと混ぜてフェイスオイルとして使用したり、また、泥パックに混ぜる使い方もできます。フランキンセンスを加えることでくすみがとれるかも。

③カモミール

カモミールはなんと青い精油。抗炎症作用のあるカマズレンという成分が含まれているのですが、これが青色なんです。炎症を抑えたり、粘膜や皮膚組織の修復を促してくれる効果があるといわれています。

紅茶でイメージするリラックスの香りとは、精油なので全然違ってちょっと臭いくらい・・。でもキャリアオイルで希釈すれば、気にならない程度になりますよ。

おすすめキャリアオイル

キャリアオイルとして代表的ななのは、安全性が高くてビタミンEがたっぷりのホホバオイル。オレイン酸豊富で肌を柔らかくするスイート・アーモンドオイルです。

どちらも無印良品に安く売ってるので、小さいサイズで買ってみてどちらが好きか試してみたら良いかもしれません。

スイート・アーモンドはアレルギー反応も出にくいオイルと言われていて、ベビーマッサージに使う方も多いみたいです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?自分のお肌の様子を見ながら、自分にあったオイルケアを見つけてみてください^^
ほかにもこんな記事を書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。
肌のくすみの原因と解消法は?透明感と艶のあるお肌に戻りたい
ポリフェノール含有量が多い食品ランキングは?抗酸化作用で美肌!
ビタミンc誘導体がニキビ跡には効く!その理由とおすすめ化粧水
収れん化粧水の効果や選び方。使い続けるときは成分にも注意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする