《落ち込まないコツ》メンタルが弱った時に試したい方法 セルフトーク

今日は、落ち込んだ時、メンタル弱ってるな〜と感じる時にこそ見てほしい、自分をケアして心も身体も味方につける方法をまとめてみました!

スポンサーリンク

①感情に耳を傾ける

ネガティブ思考は決別できる

自分の心の声を聞いたことはありますか?いつも他人の言葉ばかり気になってしまう方には、自分の声を聞く時間を持ってみてください。普段、《自分》と《思考》は一体化していていて、自分がいま何を考えているのかを意識することは少ないと思います。

ただ頭に次から次へと湧く思考、それが自分だと思っています。

でも、実は思考は自分とは別もので、客観的に見つめ直して変えることのできるもの。自分の成長を妨げてストレスの元になっている思考もあります。例えば、「今日も失敗してしまった・・明日もつらい」「あの人はいつもいやなことばっかり言ってくる・・嫌われてるんだ」と、ネガティブな思考にとらわれてしまうことも。

親友のように自分と話す

そんな時、自分は心の動きに意識的にスポットライトを当てます。そして、言葉をじっくり聞いてみましょう。そしてケアしてあげましょう。

《例》

「今日も失敗してしまった・・」
⇨「うん、落ち込んでるね。でも大丈夫、また頑張ろう」

「あの人はいつもいやなことばっかり言ってくる・・」
⇨「うん、嫌だったね。でも気にしなくていい、何にも変わらなくていいよ」

と、大好きな親友に語りかけるようにします。

ちゃんと気づいてるよ、とメッセージを送ってあげることで、怒りや悔しさが抑圧されることがなくなり、慢性的なストレス状態から解放されることができます。

感情を抑圧することは、自分の心を無視している、否定しているのと同じこと。でも、抑圧されたまま消えるということは少ないので、いつか積もり積もったものが爆発してしまう可能性があります。

それにより、対人恐怖症やうつや、身体の不調、家庭内暴力などにつながることもあります。だから、感情がたまりすぎないうちに、週1くらいでも良いので、何もせずにただ目をつむって、自分の心にスポットライトを当てて感情の面倒を見てあげることはとても大切なんです。

気づいてるよ、大丈夫だよ、とメッセージを送り、感情をまるっと受け止めましょう。そして引きずらないように、その感情にさよならしましょう。そして、自分にとってマイナスにならない、もっとプラスの思考を選び直します。

スポンサーリンク

身体を味方につける

「何が食べたい?」

そして、さらに自分が何を食べたいのか、どんな服を着たいのか、というところまで声を聞けたら楽しいです。外食はいつも同じ店、コンビニでも同じ飲み物やシャンプーを買うという人、

「ねえ、今日は何が食べたい?」

と新婚ほやほやの優しい奥様になったつもりで、自分に聞いてみましょう。そして1日1回は、自分に優雅な時間をプレゼントするようにします。昼がカップラーメン一つしか食べられなかったのなら、夜はイタリアンやバーに寄ってワインを飲んだり、ハーゲンダッツを買って帰って更に好きなものトッピングしたりと、

「ちゃんと大切にしてますよ〜」

というメッセージになります。身体もきっと自分に力を貸してくれるようになるはずです!

散歩もおすすめ

あと、お散歩したりストレッチしたり、無理をしない程度の運動を取り入れましょう。どんな運動でも、自分の身体の動きにしっかり集中して行うことでマインドドフルネス時間にもなります。例えばお散歩なら、

「左足が地面についた」
「蹴った」
「足首が伸びた」

と一瞬一瞬を意識的に行います。頭がすっきりしてきます。

小さなことで自分を褒める

落ち込んだ時にしてはいけないこと、それが”自分責め”です!でも、真面目な人、仕事熱心な人、目標の高い人は、達成できなかったことに対して、

「どうしてもっと頑張れなかったんだ!」

「私にはやっぱり能力がない!」

とせめてしまうこともあるかもしれません。でも、自分責めは慢性ストレスのもと。ただでさえストレス要素に囲まれた生活ですから、せめて自分は自分を責めないように、ハードルは低く設定しておきましょう。

そして何か一つ乗り越えるたびに、仕事を終えるたびに、

「やっぱり私はすごいな〜!」「さすがだな〜!」

とガッツポーズをしながら褒めてください。締め切りを守っただけでも、ちょっと会議で発言できただけでも大丈夫。その度に自分を褒めます。

あがり症の方とかにもおすすめです。緊張するプレゼンとか終えるたびにガッツポーズして喜びを全身で味わうようにすると、苦手なはずのスピーチがいつの間にかそんな恐怖じゃなくなります。「スピーチ=ガッツポーズ」と無意識の中に刻み込まれていきます。

自分は幸せになる権利があること、それを身体で自覚できるようにします。

人を本当に大切にできる人は、自分のこともしっかりしている人だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?今日は自分を大切にするためのコツをご紹介しました。参考になったら嬉しいです。
ほかにも こんな記事を書いているので、よかったら見てみてください。

怒りやイライラを鎮めたい。無駄なエネルギーを消費しないための対処法
週末ひとりはマインドフルネスのチャンス!頭すっきり癒される方法
慈悲の瞑想は脳科学的に見ても効果あり!心で唱えるだけで幸せに
ストレスに効果的な紅茶5選!ハーブの力で安眠&心すっきり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする