ネガティブ思考を切り替えたいとき即効で効果ありな方法

おはようございます。今日は、ネガティブ思考に陥っているときに、速攻で立ち直るための方法をいくつかまとめてみました。

笑顔を作る

自然に生まれた笑顔でなく、無理やり作った笑顔でも、効果があることが研究で証明されています。笑顔をつくることで、エンドルフィンという多幸感をもたらす脳内物質が分泌され、心と体にプラスの影響を与えてくれます。老化を遅らせるなど女性に嬉しい効果もあるみたいです。

いつも幸せそうに笑ってる明るい女性は、確かに若々しく見えます。次にネガティブ思考に囚われそうになったら、無理やり口角をニカっとあがてみましょう。

スポンサーリンク

知らない人と会話する

親しい人に電話したりチャットしたりするのももちろんよいですが、実は知らない人とちょっと話したりすることで、ネガティブ思考からしゃきっと切り替えることができます。

ネガティブになっているときは頭の中が思考で沸きっぱなしですが、言葉を発してコミュニケーションすることで、注意がそれてますし、いっときでも外面の自分を演出します。

コンビニの店員さんとか、バスの運転手さんとかと一言二言でも会話をしてみましょう。

姿勢を正す

ネガティブになっているとき、姿勢も悪くなっているはずです。肩がまるまって背骨も曲がっています。そういうとき、無理やりでも胸を張って顔を上げてみるようにします。

実は胸をはってどっしりとした姿勢をとっているときは、ネガティブになろうと思ってもちっともなれないのです。メンタルが沈んでれば姿勢が悪くなりますが、逆も同じです。

背中が固くなっている人はネガティブになりやすいので、マッサージとかヨガとかで、暖めたりほぐしたりしてあげてくださいね。

吐く息に集中する

ネガティブで思考にがんじがらめになっていたり、緊張状態にあるとき、呼吸は浅く早くなっています。無意識になってしまうので気づくことが少ないですが、呼吸に意識を当ててみると、「あ、すごく浅くなってる」と気づくと思います。

数を数えながら、鼻からゆっくり吐き出してください。息を吐いているときは副交感神経が働き、気持ちをリラックスさせてくれる力があります。

ゆっくり吐くのが難しい人は、鼻先に鳥の産毛が浮いてうるのをイメージして、その毛を飛ばさないような強さで、やさしくゆっくり吐きます。数を数えるのも、集中しやすいのでオススメです。

慈悲の心をもつ

瞑想は続けなければ効果がないといいますが、慈悲の瞑想は即効性があります。ネガティブになっているとき、心は自分のことしか考えていません。自分に執着している状態です。その執着を手放すために、自分の親しい人や家族の幸せを心で念じてみます。

集中するのが難しくても、その人が幸せになりますように、と心の中で言葉を並べます。その瞬間、やはりその人のことを思い浮かべますし、自分への執着から少しだけ離れることができます。ネガティブになっているときこそ、人のことを考えてみてください。

散歩する

気持ちを切り替える一番確実な方法が散歩だと思います。歩くとき、足を踏み出すたびに、いちに、いちに、と心の中でリズムを取ってみてください。足の裏の感覚を感じて、思考ではなく、自分はいま歩いているという現実に注目して、しばらく歩いてみます。

運動をすることでもエンドルフィンが放出されます。

スポンサーリンク

感謝する

ありがとうという言葉が脳に届くと、ストレスを和らげてくれるオキシトシンというホルモンが脳で放出されることが、脳科学的に証明されているそうです。自分がいま持っているものや、これまでの経験などに、感謝をしてありがとうと一つ言ってみましょう。

行動と思考を分ける

ネガティブ思考にとらわれてしまったとき、もう家から出たくない、一日中寝転びたい、何もできない、そんな気持ちになることもありますよね!

でも実際、1日何もしないでいると逆に思考が暴走を始め、ネガティブがさらなるネガティブ思考を呼び込むこともあります。ネガティブ思考もいっしょに休めることができるのならよいことですが、もし思考が抑えられないという方は、少しでも何かできることをした方が、気晴らしになります。

ベッドのシーツを替えたり、机の上を整理したりと簡単なことで大丈夫です。自分の生活がいまより改善されている、という実感が、ネガティブ思考にどっぷりはまるのを妨げてくれます。

10年後の自分を想像する

ネガティブに陥っているとき、視野がびっくりするくらい狭くなっているものです。あとで元気が出たとき「なんであんなに悩ん出たんだろ、、」「時間の無駄だったな、、」と思うくらいです。

だから、ネガティブになったときにすでにその数年後に自分の視点に立ってしまうんです。そしてその未来の自分の視点になって、いまの自分を眺めてみてください。きっとたいしたことないって未来の自分は思っているはずです。

だいたいのことはなんとかなる、と言いますが、なんとかならないと本気で思っているのがネガティブな自分です。でもその自分から一歩離れて客観的に眺めることで、狭くなっていた視野が広がって、ネガティブから抜け出しやすくなります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?少しでも参考になったら嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする