カンボジアで両替するならおすすめはここ!《プノンペン編》

おはようございます。

海外に旅行にきたらまずやらなくてはいけないこと。それは、現地のお金の調達ですね。

日本で両替することもできますが、すこしでもお得に両替えをしたいという方にはやはり現地でレートのいい両替屋さんを探すのが一番。

ただ、空港からの移動とビザの申請があるので日本である程度、ドルには変えておいてくださいね。ビザ申請に必要なお金は、普通の旅行に来られるなら30ドル、1ヶ月以上の滞在で現地でまたビザ延長をされる予定の方は35ドルです。

また、空港から市内までの移動代が車輌によって7ドル〜15ドル程度です。そのため100ドルもあれば大丈夫かと思います!

スポンサーリンク

市内に着いてから両替を。

初めて来る方に一番わかりやすいのは、イオンの両替所です。モトドップ(バイクタクシー)でもトゥクトゥク(三輪バイクタクシー)でも”イオン”と伝えればだいたいわかりますし、やはり日本人にとってはイオンは安心感があります。

イオンの両替所と、イオンのテナントであるACLEDA銀行での両替が可能ですが、レートが良いのは比べるとACLEDA銀行です。

英語ももちろんちゃんと通じます。

しかし、現地の方々に大人気(!?)のイオンですから土日は混んでいることも多いですし、もっとレートいいとこないかな〜と探した結果、いまはイオンではない別のところをよく利用しています。

どちらもおすすめなので、ご紹介します!

スポンサーリンク

Ly Hour Exchange

1986年に家族経営から始まった小さな両替屋が人気になり、今ではプノンペンに合計11箇所も支店ができたようです。1日に合計2500人もお客さんが来るとか。現地の方にも信頼されている企業です。

通貨の両替に加え、金の換金、海外送金なども行っているみたいですね。

私がいつも行っているのはオルセーマーケット付近にあるヘッドオフィス。外観はこんな感じです。文字もおっきくLy Hour Exchangeって出てるので、わかりやすいかと思います。

住所: No 314B2, St 217, Sangkat Orusey II, Khan 7 Makara, Phnom Penh, Cambodia
電話: +855 095 81 81 81
営業時間: Daily 08:00 – 17:00

他の店舗の住所も、会社のウェブサイトにのっているので確認してみてくださいね。

<LY HOUR GROUP>http://www.lyhourgroup.com/ly-hour-exchange-jewelry-co-ltd/branch-network/

大きな会社なので、たとえば100万円とかの大金を両替したいときにも利用可能です。ただそういうときは、事前に電話したり一度訪ねてお願いしておいた方が確実です。

スポンサーリンク

Or Sovann Jewelry & Currency Exchange

もうひとつおすすめなのが、Or Sovann Jewelry & Currency Exchange。

こちらはLy hourほど大きくないですが、レートがとても良いことに加え、スタッフさんがフレンドリーで好感がもてること、セントラルマーケット近くで便利な場所にあるので、おすすめできます。

外観はこんな感じ。ごちゃごちゃしていますが、両側のトビラは中でつながっています。海外の紙幣が出ているので、すぐに両替所ってわかりますね。

住所:#69E0 + #71E0, Street 136, Sangkat Phsar Thmei 3, Khan Duan Penh, Phnom Penh 12210
電話:070 627 666
営業時間:07:00 – 18:00

ただ、スタッフさんによっては英語が通じない場合もあるかもしれないです。エクスチェンジプリーズくらいはわかりますが、念のためクメール語でドルに両替してくださいは、「ドー、ダラー」です。ドーが交換、ダラーがドルです。

両替の注意点?

ご紹介した二つの両替所は、日本の銀行でしてくるよりもずっと両替レートがいいです。ただ注意点としては、100ドル紙幣は汚れや破れがないかしっかりチェックすることです。

お金を受け取ったら、その場でお金を渡してくれたスタッフさんの前で数えましょう。スタッフさんも慣れているので、時間がかかっても大丈夫。焦らずにチェックしましょう。

破れていたりすると、実際の買い物に利用できない可能性があります。100ドルは大きい金額なので、キャッシャーの方はよく紙幣をチェックされます。

また、イオンならオッケーですが、100ドル紙幣はちょっと使いにくいです。カフェとかコンビニとか行って10ドル程度のお会計で100ドルだしたら、だいたい「Do you have small? (細かいのある?)」と言われます。

たとえ本当になくても、店もお釣りがないので買い物ができないことがあります。私もありました、、。私は50ドルで使えなかったので、ちょっとイラついてしまったのですが、でも海外に行ったらそういうこともあるあるなので!できる準備はこちらでしましょう。

なので100ドル紙幣を10ドルとか20ドルとか混ぜて細かくもらっておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?参考になったらうれしいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする