自分の殻をやぶるため、固定思考から成長思考へシフトする方法!

前回の記事でご紹介した、人間の持つ2種類のマインドセット。固定思考から、成長思考に移りたい!という方、早ければ早いほどベターです!

なぜなら、もし固定思考を持っているままだと、やってくるチャンスを自分の能力には無理だと判断し、みすみす逃してしまうかもしれません。

自分の可能性を最大限に発掘するため、成長思考へのシフトの仕方をご紹介します!

①目的を達成している人たちを観察する。

歴史上に、”天才”と言われる人たちはたくさんいます。モーツアルトにアインシュタイン、マイケルジョーダンやイチロー選手など。では、彼らが偉業を成し遂げ歴史に名前を残しているのは、彼らの才能のおかげでしょうか。そうではないですよね!マイケルジョーダン選手はこんな言葉を残しています。

「高校時代は代表チームの選考から漏れた。9000回以上シュートを外し、300試合に敗れ、決勝シュートを任されて26回も外した。人生で何度も何度も失敗してきた。だから私は成功した」。

もし彼が天才なら、高校時代からチーム選考に漏れることはなかったし、300試合に敗れることもなかったはずです。そしてもし固定思考を持っていたら、「まあ僕の能力はこんなものか」、と割り切り、ただのバスケ好きのサラリーマンになっていたかもしれません。

何度も失敗をしながらも、圧倒的な練習量と自分を信じる力で、がんばってきたのですね。

彼の成功は、「才能があったから」という理由ではなく、「自分の努力で能力を伸ばしてきたから」です。持っていなかったものを、すべて自分で生み出し育ててきたのです。

つまり、固定思考では自分の能力を制限してしまうこと、成長思考がある人しか達成できないものがあるということを理解しましょう。

スポンサーリンク

②自分の心と話してみましょう

何かチャレンジする機会が回ってきた時、固定思考の自分の心はどんな風に考えているのか、意識してその声を聞いてみてください。

さっきはちょっとスケールが大きすぎたので、例えば転職活動中です。海外営業の募集があります。できたらかっこいいな〜とあなたは思ってます。心の声はなんて話しますか?

「難しいことばかりだろうな・・英語もうまくないし、恥かきそう・・」→やらない

「本当にわたしにできるのかな・・」→やらない

これは、固定思考ですね!

それに気づいたら、さらにもう一言、成長思考になりきって話しかけましょう。

「挑戦してみなければ、”できない”で終わり。恥はかかないとしても、全然かっこよくない!」

「最初はできないかもしれないけど、でも、私は学べる!」

こうなります。また、至らないことがあって、上司に怒られることがあったとしましょう。固定思考の人は、自分の能力はあるがままのものであって、特に努力して伸ばすものではないので、上司にもそのままの自分をうまく使うことを求めています。

「もともと私に頼んだのが悪いんじゃん・・」と思います。そこに、成長思考になりきったもう一人の声で、話しかけます。

「できなかったのは私の責任。私の責任でなければ、修正もできないというこじゃないか!」

どうでしょうか。成長思考の人がどんな言葉を話すのか、分かっていただけたと思います。

まずは、固定思考と成長思考の、どちらの声も聞けるようにしてください。そして、少しづつでいいので、なるべく成長思考の方の声に従うようにしてください。徐々に徐々に、自分の能力が実際にずいぶん伸びしろのあるものだということがわかるはずです。何かを新しく習得したときって、すごく嬉しいですよね!その喜びに、きっと後押しされると思います。

スポンサーリンク

③できたことを振りかえる

新しいことに挑戦するのになんだか気がひけるようになった、というのは、大人になってからだと思います。

子供の頃は何にもできませんでした。

いま、得意なことがいろいろとあるはずです。ピアノだったり、カラオケだったり、平泳ぎだったり、なんでもいいです。そういうものすべて、最初はゼロから始まったものですね。

好きだから練習を重ね、できるようになったのだと思います。恥や失敗を気にせず、何にでも挑戦できた成長思考は、あなたの頭のどこかで眠っているのです。

固定思考の影に隠れ、実は出番をずっと待っています。

④ポジティブな仲間を作ろう

一緒に成長思考を育てていける友達を探しましょう。固定思考が人生をもったいなくしていることを教え、可能性を信じてより大きなことへ挑戦する仲間になりましょう。

お互い、挑戦を躊躇したときには声を掛け合い、どういうマインドセットで乗り越えるかを話し合えると、互いに良い影響を及ぼしていけます。

例えば一つのクラスで勉強を頑張る受験生が一人だけ、というのならモチベーションも上がりませんが、みんな同じ難関大学を目指す!という共通のゴールがあれば、モチベーションが上がりやすいですよね。「がんばるぞー!」と気合が入ります。

そして、いくら失敗しても互いの価値は全く揺るがないのだということを教えあってください。最初はできないことで怒られけなされ恥をかいても、一人の人間としての価値は変わりません、特別な存在です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少しずつでも成長思考にシフトすることができたら、私たちの将来の可能性は大きく変わるかもしれません。
ほかにもこんな記事を書いているので、よかったら見てみてください!

自信のある人の話し方を学ぶ!ゆっくり話して自律神経も整う
あがり症で声が震える原因は?即効性のある治し方を2つ紹介します
年上とのコミュニケーションが苦手な方に。克服法は簡単なコツ
初対面で好印象をもたせる態度や話し方。褒めれる聞き上手がいちばん。
仕事中の眠気を覚ます方法!あくびが止まらないときの眠気対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする