プノンペンのイオンマックスバリューがいい感じ!場所とか売ってるもの

おはようございます。

今日は、カンボジアのマックスバリューについてまとめてみました。

カンボジアのマックスバリューがある!

プノンペンに、イオン1号店ができてひさしい。
特にスーパーやイオンフードコートの部分は、休日は涼しさを求めるカンボジア人ファミリーでごった返し、もはやプノンペン1の買い物スポットとなっています。

イオン2は中心部から多少離れているためあまり行きませんが、、、
周辺の人々はやはり日常的に利用されているようで、大人気であるのは変わらないようです。

でも、ちょっとご飯とか日用品だけ買いたいな~というときに便利なのが、
小型イオンの、マックスバリュー。こじんまりしているのに何でもそろう。
コンビニ感覚です。セブンもファミマもないカンボジア在住者にはとってもありがたい。
プノンペンにも次から次へとできています。

その店舗の場所と、どんなものが売っているのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

店舗の場所

ボンケンコンエリア

住所:#09, Street 51 Corner 360, Sangkat Boeung Keng Kong 1, Khan Chamkamorn, Phnom Penh
営業時間:07:00~22:00
イートイン:あり

ボンケンコンエリア(小さめ店舗)

住所:St. 288, BKK1, Phnom Penh
営業時間:08:00~21:00
イートイン:なし

チャトモックエリア

住所:#115,Street Pasteur 51 Corner 262,Sangkat Chaktokmuk,Khan Duan Penh,Phnom Penh
営業時間:07:00~22:00
イートイン:あり

トゥールコックエリア

住所:79 St 315, Phnom Penh
営業時間:08:00~21:00
イートイン:あり

空港近くでも、日系レジデンスアパートメントのボダイジュの中に入っています。

スポンサーリンク

どんなものが売ってる??

ストリート288にある店舗が一番小さめで品揃えも減ると思うのですが、あとは大体、惣菜もパンと食品も品揃えはほぼ同じような感じなので、一番新しいチャトモックのマックスバリューを例に紹介してみます。

こちらは高級感あるアパートメントの1階に入っています。プノンペンのマックスバリューには大体ドアマンがいます。扉開けてくれます^^

店内はこんな感じです。清潔感があって、陳列もきれい。さすが日系。ローカルのスーパー、コンビニではゴキブリ、ネズミともに見たことあります( ;  ; )

一番最初にできたSt.288の店舗では、賞味期限ギリギリのものが結構置いてあるイメージでしたが、新しい店舗では見かけません。品物を管理してるスタッフさんの能力も、どんどん向上してるんだと思います!

パンの種類も豊富でうれしいです。ホットドックやパイ生地でフルーツののったパン。。夕方以降半額になってることありますが、17時のときも18時のときもあり、タイミングはいまだつかめず。

あとはこんな感じで、トップバリュー商品がほとんどですが日本のスナックやインスタント食品などが置いています。調味料、日用品、冷凍食品などもあります。

値段も日本と比べると微妙に割高ではありますが、それはカンボジアなので仕方ないですね。

また、お野菜や果物もかえます。果物は丸ごともありますが、カットしてパックに入ったものが売っているので、切るのがめんどくさい人も大丈夫。

私は赤いドラゴンフルーツが大好きなので、ちょくちょく買います。日本では絶対に食べられないですが、プノンペンのマックスバリューだとパックで1ドル以下で売っています。グレープフルーツやパパイヤも。果物がこんなに気軽にたくさん食べられるのは、嬉しい。

また、子供に大人気のソフトクリームがあります!バニラ、抹茶、ミックスの3種類がありたった1ドル。コーヒーも買えます。店内に飲食できるスペースがあるので、ちょっとゆっくりして帰ってもいいですね。

カンボジア人はミニマートのイートインスペースが大好きなので、大体います。エナジードリンクやカップ麺をおともにスマホいじってます。

わざわざ手洗い場があるのが、さすが日本だと思いました。

冷凍食品やホットスナックもあります。日本のコンビニ程はまだバラエティがありませんが、アメリカンドッグとフライドチキンがあるので全然オッケーです。となりにちらっと見えるのが、肉まんかと思いますよね、、実はシュウマイです。笑

カンボジアのマックスバリューでは、買い物袋が有料になっています。0.1ドルですが、マイバッグを持参する人が増えているようです。良いことですね。

お惣菜もあります。あまり日本っぽくはないですが、カンボジアの味?

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

参考になったら嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする