まつ毛を伸ばす方法や傷めない対策。メイクなしでもフサフサに!

おはようございます!

まつ毛が短くて悩んでいる人いませんか?

短くてもロング用のマスカラを上手につけたり、まつ毛エクステをしたりと、長く見せる方法はたくさんあります。でも、何もしなくてもフッサフサで、横から見ても影ができるくらいの長さがある人って、羨ましいですよね。

今日はまつ毛を伸ばす方法をご紹介します。

スポンサーリンク

まつ毛を伸ばす方法は?

①ワセリン

家庭に一つはあるワセリン。使い方が豊富で価格も安いので若い女性にも人気のロングセラー商品ですが、実はまつ毛を長くする効果も知られています。

やり方は、眠る前に指か綿棒を使ってまつ毛の生えぎわに薄く塗ってあげるだけ。ワセリンに含まれているピュアスキンジェリーでまつ毛を保護して空気中の刺激から守ってあげることでまつ毛が強く健康に育ちやすくなります。ニベアでも同様の効果が期待できます。

目に入ると普通に痛いので、気をつけてくださいね!!

②バージンオリーブオイル

オリーブオイルは、髪のパサつきを補修し保湿してくれる手軽な方法として人気ですよね。たっぷり含まれている自然のビタミンEとオレイン酸がヘアケアに適しているそうです。ビタミンEは若返りビタミンとしてアンチエイジングにも必須と言われています。

特に不純物が少ないバージンオリーブオイルは、まつ毛にとっても嬉しい効果がたくさん!
血行促進作用と体毛の成長を促す効果でまつ毛のボリュームを増やしてくれますまた、同じくビタミンEが豊富なアーモンドオイルもおすすめ。

綿棒でも良いですが、使い切ったマスカラがあれば、コームを綺麗に洗って再利用できます。お皿に出したオリーブオイルに浸して、眠る前にマスカラ感覚で塗ってあげましょう。朝はちゃんと洗顔で落としてくださいね。

2〜3ヶ月頑張って続ければ、健やかなフサフサまつ毛になっていますよ!

③まぶたをマッサージ

まぶたをマッサージして血行を促進することで、まつ毛が育ちやすい環境をつくることができると言われています。蒸気アイマスクやホットタオルなどで温めた後に行うとさらに効果的。まぶたのむくみやクマの予防にも良いと言われています。

やり方は、美容オイルやベビーオイルを2〜3滴手のひらに出して、指の腹を使ってまぶたやまつ毛の生え際を、くるくると優しく撫でるだけ。5〜10分でオッケーです。まぶたは顔の中でももっとも薄くデリケートな部分なので、優しくタッチする感覚で行ってください。力が入らない小指の腹を使うのがおすすめ!

④ビオチン

ビオチン(ビタミンH)は毛や皮膚や粘膜の健康維持をサポートするのに効果的と言われていて、まつ毛育毛専用のサプリメントにもほぼ含まれている成分。

水溶性の成分で、アミノ酸や脂質の分解・代謝をサポートする働きを持っていて、これが不足してしまうとアミノ酸からタンパク質が上手に作れなくなってしまい、タンパク質が主成分である体毛や皮膚の生成に影響が出てくるのです。

ビオチンは専用のサプリメントもありますが、レバー(特に牛)や魚介類、ヨーグルト、大豆、ほうれん草、卵などにも含まれているので、意識的に摂取してみてください。白髪対策にも良いみたいですよ!

他にも、まつ毛の主成分であるタンパク質とビタミンC、ビタミンEも大切。ビタミンEはカボチャやアーモンド、アボカドに多く含まれています。

スポンサーリンク

これはNG!

しかしどんなにまつ毛をケアして栄養をたっぷり取っていても、同時にまつ毛にとってNGな行為をしていたのでは意味がありません。これからご紹介することを普段無意識にしていないか、チェックしてみてください。

①メイクを落とす時にこする

目元のメイクって顔の中でも一番凝っていて取りにくい部分かと思います。だからといって、メイク落としの際に手やコットンでゴシゴシとこすってはいませんか?

まつ毛は髪の毛よりも刺激に弱く抜けやすいので、強い力を加えるのはNGです。メイクを落とす力が一番強力とされるオイルベースのメイク落としで、時間と力をかけずに一気に落としましょう。

コツは、量をケチらずたっぷり使うこと。コットンにひたひたにつけて、まぶたにのせて優しくスライド。メイクをオイルで浮かせて、滑らせる感覚で落としましょう。

②メイクしたまま寝る

アイメイクをしたまま寝てしまうのも、よくありません!

マスカラをつけている状態だとまつ毛がコーティングされ固められているので、枕や布団との刺激を受けやすくなってしまいます。また、化粧品のポリマーや合成化学物質をつけっぱなしにしていると正常な育毛サイクルに支障がでてしまうので、落とすのが面倒臭くてつけたまま寝てしまう、という方は、お湯で落とせるタイプのものを使って洗顔だけで落ちるものを使いましょう。

②毎日ウォータープルーフ

崩れにくい、カール力がキープされるなどのメリットがたっぷりのウォータープルーフマスカラは、女性の目を魅力的に見せる強い味方。でも毎日使うというよりは、少しでも間隔を開けて使った方が良さそうです。

というのも、ウォータープルーフは普通のマスカラよりも乾燥しやすいというデメリットもあり、乾燥はまつ毛にとってもダメージとなるのです。さらにメイク落としにも時間がかかるという点で、まつ毛に負担の大きいマスカラと言えます。

美容液が配合されたまつ毛ケア専用のマスカラなどもあるので、おやすみの日などはそういった製品を使ってみてください。

④ビューラーのやりすぎ

また、ビューラーをやるときに力をいれすぎるのも、ダメージの元。ビューラー中にまつ毛が抜けることって結構ありますよね・・。ビューラーを使用する前にドライヤーで軽く温めてからやるとカールが簡単につきやすいので、力をかけずにできます。試してみてください!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?長いまつ毛を育てて魅惑的な横顔を手に入れましょう^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする