唇のガサガサもニベアで治る!リップの塗りすぎは逆効果かも!?

おはようございます!

今日は、唇が突然ガサガサになってしまった人のために、簡単にできるケアの方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

唇はとても敏感な場所です

唇はまぶたと同じく、顔の中では皮膚がもっとも薄くて敏感なところ。

ほっぺやおでこから出る顔の皮脂は、ニキビやべたつきのイメージがあり、実際に、つまってしまうとニキビになります。しかし実は、外的な刺激から皮膚を守ってくれるとても大切なもの。皮脂の主な成分は中性脂肪で、汗とまざって膜になります。

その膜は、皮膚から水分が蒸発するのを防ぎ、うるおいを与え、外のホコリや砂といった刺激からも守ってくれます。そのおかげで、肌は健康な状態を保っていられるのです。

しかし、顔のなかでも唇とまぶただけは、この皮脂というものがほとんど出ません守ってくれるものがない上に、唇もまぶたも、顔の中でもっともよく動かす場所。つまり、余計に乾燥しやすい、刺激を受けやすい状態にあるのです。

だからこそ男性でも、リップを欠かせない人が多いんですよね。皮脂のかわりに、リップの油分で守ってもらうのです。そういうケアをしていない男性は、ガサガサに皮がめくれている人も多いです。

突然ガサガサになったのはなぜ?

唇が荒れやすいか荒れにくいかには個人差があります。私は比較的、唇が丈夫なのか、今はさすがに社会人なので口紅を塗りますが、大学生のときは冬場でもリップをほとんどつけていませんでした。しかし、最近あることが原因で、ものすごいガサガサ唇になってしまいました。

その原因は・・・・口内炎!!

焼きそばを食べていた時に口の中を思いっきり噛んで、ものすごく大きな口内炎が一気に2つ唇の内側にできました。歯を磨くたびに、ご飯を食べるたびに痛くって、ひどい口内炎が10日間治りませんでした。

その間、どうしても意識が唇にいってしまって、無意識にずっと唇を手で撫でていたのです。鏡の前で唇をめくって様子を見たりしてましたし、とにかく触りまくっていました。そしたら、内部の口内炎だけでなく、外側までガッサガサに・・・。あとで調べてみると、唇がそうなる主な原因としては、

  1. 乾燥
  2. 汚れや摩擦による負担
  3. 体調不良
  4. 食生活の乱れ

があげられるそうです。私の場合、ガサガサになったのは、常に触っていた下唇だけで、上はいつも通りでしたし、夏場での乾燥もなし、体調や食生活も普通だったので、絶対に2の摩擦になります。触る以外にも、刺激の強い食べ物を食べる、メイクを落とせていない、ティッシュなどでこする、などが摩擦になるそうです。

唇がガサガサになりすぎて、皮もめくれてくれるので口紅は全く綺麗に塗れないし、ついつい剥いてしまうという悪循環。唇って、普段はそこまで気にしてないけど、荒れたらこんなに不快なんだな〜・・と感じた瞬間でした。

リップクリームは逆効果かも?

ガサガサになった唇にはやっぱり保湿だろうと思ったので、一旦口紅をやめて、1日6回くらいリップを塗りたくっていました。アルガンオイルがたっぷり配合された1本1,000円以上のリップを奮発して買ったのです。

でも不思議なことに、塗れば塗るほどひどくなる気がしました。塗り直すペースがどんどん早くなりました。これもあとで調べてわかったことですが、リップは塗りすぎると逆効果みたいですね!

リップクリームを強く擦り付けることで、唇の荒れた部分を刺激して炎症を起こしてしまったり、唇が本来持っている治癒力を失わせてしまっている可能性もあります。-中略-塗ることで唇の乾燥を防いでくれますが、細胞のターンオーバー(新陳代謝)を妨げてしまうため、健康な唇の生まれ変わりを邪魔してしまうのです。

出典:リップクリームbyピントル

確かに、ささくれだった唇にリップがうまくのらないので、こすりつけるようにして塗っていました。これが、触りすぎで荒れた唇に余計負担をかけていたのです。しかも、見てわかる通り唇のシワや組織は縦方向になっています。

それなのに私は横方向に引っ張るように塗っていたので、縦の繊維が無理やり横に伸ばされて、繊維が引き裂かれてしまっていたのです。塗れば塗るほどひどくなっていたのはこのためでした。

リップクリームの正しい塗り方は、シワの縦方向に沿って塗ること。唇のシワの溝にリップを優しく押し付けながら、1本ずつ縦に伸ばして埋めていくような感覚です。また、1日に塗る回数としては、1日3〜5回が限度

そもそもリップは、荒れてから塗るものではなく、「荒れを予防するために塗るもの」。すでにめちゃくちゃに荒れた唇に塗っても、効果を見込めるどころか、使い方や塗り方の無知さで、余計に悪化させてしまうことがあるんですね。

スポンサーリンク

ニベアが救世主?

乾燥系で困り果てた時の救世主、それは、3万円の某高級クリームと成分がほとんど同じだと噂のニベアクリーム!顔だけでなく髪や身体など全身の保湿に使えること、また、価格がチープでどこでも買えることで、保湿クリームの代表格となった青缶です。

調べてみたところ、ニベアは唇の保湿にも使える!ということで、以前一度オロナインで試したことのある唇パックをしてみました。やり方は、眠る前にクリームをたっぷり唇に乗せて、その上からラップをのせるだけ※口を塞ぐともちろん呼吸ができないので、ハサミで切り込みを入れてうまく口を出してください。以前オロナインでやったとき効果抜群だったのですが見当たらなかったので、今回はニベアでやってみることに。

すると、翌朝起きた時には唇にものすごいぷるぷる感が。洗顔でクリームをきっちり落としたあとも唇が多少回復していて、リップクリームも綺麗にのりました。この時はさすがに、縦方向にやさしく塗りましたよ。

これを3日くらい続けると、唇は完全にもとどおりになります。オロナインでも効果あります。家にある方で良いですよ。どちらもなければ安い方を買いましょう^^朝までラップつけとくのはいやだという人は、15分くらいで終わっても効果はあります。本当に塗ってラップつけるだけなので、かなり簡単なケアだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。口内炎から唇のガサガサが引き起こされたことで、いろいろと勉強になりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする