自信喪失したときの回復方法。しない方が絶対にいいこと3つ

自信はよくなくなりますが、なるべく早く立ち直りたいですよね。今日は、自信を喪失してしまった時にしない方がいい!ということをまとめてみました。

自信ってどんなもの?

私の感覚で言うと、自信満々の時は、ゲームのキラキラ無敵モードの気分。自分の行動や言葉をいちいち疑う必要がなくて、人の顔色も気にする必要がなくて、自分のありのままの姿をさらけだせる時。

たとえ人に「それは違うんじゃない?」と言われても、「いいの。私はそう思う」と言えるし、むしろ「私を見て!」って気持ちになります。

逆に自信を失ったとき。信頼してる人が自分の悪口を言っているのを聞いたり、仕事で大きな失敗をしたら、以外と簡単にくだけちって失ってしまうものだと思います。

そんな時は、肩が丸まって視線も下がって、日常生活をこなすだけで、なんだか疲れる気持ちになります。

初対面の人に好かれるとは思わないし、新しいことに挑戦する気にはならない。失敗する気がする、嫌われてる気がする、自分なんてどうせ。そんな時は自信を喪失してる時です。

でも、人生にはきびしい出来事もたくさん起こりますから、絶対に誰でも自信喪失するときがあると思います。頻繁に訪れるものかもしれません。

そんな時、どうやって乗り越え自信を回復していくか、方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

自信喪失したときにしてはいけないNG !

①自分責め

自信を失ったときにしてはいけないこと、その代表格が《自分責め》です。責任感がある人ほど、失敗したときに自分を責め立ててしまうの出はないでしょうか?

「なんであんなミスをしたんだ・・私はバカだ・・」
「私は本当に救いようがない・・」

と、自分を責めていませんか?

この場合、責めるのも自分で責められるのも自分。まさに二重苦です。自分の吐き出したマイナスの言葉を自分で噛み締めて、またそれを吐き出して噛み締めて、それを繰り返していることになります。ただでさえ辛い心を、ますます辛い思いをさせてしまいます。

私たちは、風邪を引いたら体を休ませます。心も病気になったときは、休ませてあげないといけません。心のお世話をもっとちゃんとしてあげなくてはいけません。

落ち込むのは大丈夫です。

「ああ、しんどい」
「もうやだ・・」

ただと落ち込んでいる分には、大丈夫!変に気分転換しなくてオッケーです。でも、もし自分責めをしていることに気づいたら、心を切り替える努力をしましょう。

「あ、いま責めてるな」と気づいたら、「自分を責めるのは、やめよう。心を休ませてあげよう。大丈夫だよ。」と自分に呼びかけます。

②人と比べる

人と比べるのも、自信喪失したときにはしない方が良いです。なぜなら、自信を失ってるときには、どうしても周りの人全てが自分より優れているように見えるからです。そして際限がないからです。

人と比べるのは、本当に意味のないことです。自分がこの世で一番だと言い切れるものは一つも存在しません。自分よりルックスが良い人、給与が良い人、家族に恵まれている人、大きな家に住んでいる人、そういう人は絶対に存在しています。

好きな人にフラれて、自信喪失してしまった時。

「あの子はあんなに自分なのに。私は鼻が低い。もしあの子みたいな美人だったら・・」

そんな風に、思ってしまいますよね!でも、自分のルックスは変えられません。自分は自分のまま生きていくしかありません。人と比べてますます落ち込んでいては、全く際限がありません。誰か別の人と比べるのではなくて、より良いバージョンの自分を目指しましょう。

すてきなすてきな阿部真央の歌詞です。

比べたがり屋の世間に流され疲れたらまたおいで

君が本当になりたいのは、君以外の誰だっていうの?

生きてるだけで 誰も素晴らしいのに

その色メガネが自分自身を苦しめている。

背伸びして造ったって それは君じゃないから

素直でいいじゃない

本当の表情(かお)見せてもっと

阿部真央 モットー

スポンサーリンク

③人の責め言葉を真に受ける

仕事でミスをしてしまったとき。ただでさえ自信喪失しているのに、ネチネチと責めてくる人っているかもしれません。何か資格の試験で、やっぱりあなたには無理よね〜と嫌味を言ってくる人もいるかもしれません。

そういう言葉を、いちいち真に受ける必要がありません。「ハイハイ」と聞き流していれば大丈夫!

自分が傷ついてしまうと、その人の思惑通りです。人の自信を奪ってやろう、足を引っ張ってやろうと企んでる人もいるし、ただ何も考えず嫌な言葉を使って、無意識に人を傷つける人もいます。そんな人のために、いちいち自分が落ち込む必要はないんです。

自分の心は、自分が守ってあげなくてはいけません。心を攻撃しようとしてくる人の話を聞く時は、身体の正面にバリアをはるイメージです。悪意が入り込んでこないようにしてください。

この《聞き流す》という力が、人生をラクにするのに実はかなり重要だったりします。最初はどうしても気になるかもしれませんが、だんだんと本当にどうでもよくなってきます。練習してみてください!

まとめ

なんだか長くなってきたので、また次の記事で書きます!⇨自信喪失したときの回復方法。自分を褒めて甘やかすと立ち直りが早い
ほかにもいろいろと書いているので、よかったら見てみてください。

瞑想の初心者におすすめの本『1分間瞑想法』で妄想しない心に。
週末ひとりはマインドフルネスのチャンス!頭すっきり癒される方法
眠れない時のハーブティーはこれ!ノンカフェイン&リラックス効果でぐっすり
Facebookのデメリットは鬱になること?91%の人は眺めるだけ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする