タイのビーチリゾート、ホアヒンへ!バスの乗り方とお勧めホテル!

おはようございます!

今日はタイ、バンコクの国王御用達ビーチリゾート、ホアヒンをご紹介します!

ホアヒンはバンコク市内から南に約200km、車で大体3〜4時間の場所にあります。

タイでビーチに行きたいけど、パタヤやプーケットよりも日本人が少なくて隠れ家的なリゾート気分を味わいたい、という人にぴったりのスポット。

ビーチゾーンなのに市街としても散策が十分に楽しめるレベルで、特にたくさんあるナイトマーケットの屋台は見所!

今日はそんなホアヒンへの行き方、ホテルついてご紹介します!

スポンサーリンク

ホアヒンのおすすめポイント

なんといっても、リラックスできる環境とビーチがあること!

バンコクやパタヤは人が多くて夜まで忙しいスポットですが、もし家族や恋人とただ時間をゆったり過ごしたいのであれば、ホアヒンは絶好の場所です。

海の底には土色の砂と岩しか見えないので、シュノーケルやスキューバをやってもあまり面白みはない場所です。しかし、海の風を感じながらビーチを眺め、自分の疲れを癒しエネルギーを充電する場所にはぴったり!

バーやパブもありますが、街の一部分に固まっているので、夜にうるさい音に悩まさせる心配もありません。

タイの王家の方々が夏の避暑地に利用しており、別荘をたくさん建てています。その中のひとつ、Klaikangwon Palaceという別荘があるのですが、その名前の意味は、”悩みから離れた場所(apart from worries)”。

ホアヒンは、悲しくもお亡くなりになった故クミポン国王にとっても、気苦労から解放される癒しの場所だったのかもしれません。

ビーチを眺めて、国の将来を考えたりしていたのかも・・・?

また、ナイトマーケットが沢山あって散策が楽しいこと、屋台で食べるシーフードがとても美味しくて安いことなどもポイント!

ホアヒンへの行き方

ホアヒンへ行くには基本的に、バンコクのスワンナプーム空港から直結のバスが出ているので、国際便で来る方はそれに乗るのが一番楽です。

バスの乗り方は、まず、バンコクのスワンナプーム空港に到着後、
出口を出たらエスカレーターでひとつ降りて、こんなカウンターを見つけます。

HUA HINって、赤字で書いていますね!

ここでホアヒン行きのバスかタクシーを手配できます。

空港からバスで4時間程度、1シート269バーツと安い!

しかし難点があります・・。

私が訪れたときは、なんと2つ先のバスまで満席で、乗るなら4時間以上空港で待たないとだめ、と言われました。

運行時刻はこちら。

スワンナプーム空港→ホアヒン

7am、9am、10:30am、12pm、1:30pm、3pm、4:30pm、6pm、7:30pm

ホアヒン→スワンナプーム空港

6am、7:30am、9am、10:30am、12pm、1:30pm、3pm、4:30pm、6pm

本当はこのバスで行きたかったのですが仕方なくタクシーの値段を聞くと、2800バーツ!

交渉で2600バーツまで下がりますが、1万円か〜と悩んでいました。

一般の旅行会社に行ってもいいですが、市内に出るだけでタクシーに30分以上乗らないとだめですからね。

悩んでいると、ドイツ人とタイ人夫婦のカップルが同じくバスに乗れずタクシー料金を交渉していたので、乗り合いで行こうということに!

4人で割るのなら1人700バーツ、ということで、バスよりは高いですが許容範囲!

結局乗り合いタクシーで4時間かけて、ホアヒンに行きました。

安く済ませたい方は、バスの時刻表を見て事前に予約することをおすすめ!

ちなみに番号は086-324-2391、日本からなら、タイの国番号66をつけてくださいね。

Wi-fiも用意しときましょう

移動の際、もちろんタクシーにもバスにもWi-Fiは搭載されていないので、

乗ってる間に色々情報をチェックしときたいな〜という方は、空港でSIMカードの購入をおすすめします。

こちらのカウンターで、1週間インターネットの利用できるSIMカードが299バーツで購入できます。大体並んでいますが、仕方ないですね!

購入して設定のところまでもちろんやってくれるので、機械系が苦手な人でも安心。

自分の使いたい期間とデータ使用量に合わせて選んで、お金と携帯とパスポートを渡すだけ。

4Gっていうのにするとむっちゃ早いです。

スポンサーリンク

安くて快適なおすすめホテル

ホアヒンには、ソフィテルホテルやパークハイアットホテルなど、世界的ブランドの5つ星ホテルも立ち並んでいます。

価格も他国にある同ホテルと比べるとかなり安く、1泊200ドルくらい。

しかし今回は低予算旅行のためNorndee(ノーンディー)というホテルに泊まったのですが、

平日30ドルから、週末でも60ドル程度と安価設定の割に、清潔で満足度が高かったのでご紹介します!

場所は、バンコクから下ってきて、市内中心部をちょっと南に過ぎたくらい。

カサダナイトマーケットのすぐそばにあります。

外観はこんな感じ。

なんとなくオシャレではないですか?!

インテリアも外観を裏切らず、そこまでゴージャスな雰囲気ではありませんが、アットホームなデザイナーズホテルっていう感じです。

窓も広々としていて開放感がありますし、シャワーももちろん熱いのでます!

コストパフォーマンスが良く、近くにセブンイレブンやちっちゃいスーパー、ナイトマーケットが3つもあるので、夜ちょっと出かけるにも便利だと思います。

ただ一つ気になるのは、週末だからか外のライブバンドの音が夜中まで聞こえること。しかしホテル側もそれを考慮して耳栓を常備してくれているので、それをつければ大丈夫。

ビーチまではタクシーで150バーツくらい。自転車レンタルかバイクレンタルでも!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする