ハーブティー効能別(女性向け)!美肌や便秘改善、ダイエットや生理痛に

今日は、毎日忙しい女性にこそ飲んで欲しい、心や身体を自然にケアできる効果をもつハーブティーをご紹介します。

スポンサーリンク

ハーブティーを飲むメリット

ハーブの効能は多岐にわたっていて安全性が高いので、錠剤のサプリメントでもよく見ますね。しかしお茶として飲むことで、錠剤では得られないこんなメリットがあります。

①香りが楽しめる
▶︎▶︎▶︎仕事中でも香りを楽しみながら飲んでリラックス!
②身体が温まる
▶︎▶︎▶︎ホットのハーブティーを飲めば冷房で冷えた身体もポカポカと温まります。
③談話の時間になる
▶︎▶︎▶︎人とリラックして楽しみながら飲むことで、ストレス発散にもなります。たまには美味しいスイーツもごいっしょに。

ハーブティーは植物の葉や茎や根など自然の恵みをそのまま身体に取り入れることができますが、その分、どんなハーブで作られたものを飲むのかはとても大切です。ハーブティーと書いてあっても、中には変な添加物を加えているものもあります。毎日飲むものなら、オーガニックのものを選んでください。お湯に10〜15分以上浸すことで、ハーブティーの効能をしっかりとお湯に抽出すつことができますよ。

女性に嬉しい効能別

①眠れない時にはカモミール

寝つきが悪い、生活にいつも緊張感があって不安を感じやすい方には、カモミールティーがおすすめ!カモミールはヒナギクにも似た可愛らしい花ですが、実は寝つきの悪い人や軽度の不眠症を患っている人に効果を示すとされています。トリプトファンというアミノ酸の一種が含まれているのですが、これは幸せホルモンとも言われるセロトニンの原料ともなる栄養素摂。取することで神経を落ち着け眠りにつきやすくする効果があるんです。

就寝前にテレビやスマートフォンから離れ、電気を薄暗くして、カモミールティーをゆっくり飲んでみてください。あっという間に眠れるかも!身体を温める効果もあるので、冷えて眠れない方にもぴったり。心と身体をケアしてくれるので、”母の薬草”とも言われています。

②生理痛や吐き気にペパーミント

ペパーミントといえば歯磨き粉の香料ですが、実はペパーミントのすっきり感はただ感覚のものだけでなく、実際に胆汁の分泌を促進して消化器系の働きを助けるという効果があります。そのため、食べ過ぎや飲み過ぎでムカムカと吐き気がする時に一杯飲むと、胃腸の消化がすすみお腹まですっきりしてきます。

消化器の活動を活発化させることで基礎代謝もあがり身体も温まるので、手足が冷えやすい方やデスクワークの多い方にぴったり。鎮痛効果もあるので生理痛や頭痛を和らげる効果、また、乗り物酔いを防ぐ効果もあると言われています。

スポンサーリンク

③便秘やダイエットにフェンネル

地中海に生息しているお花で、古くから薬用代わりに、料理の香辛料に、と幅広く使われてきたフェンネル。腸の働きを助けぜん動運動(大腸のなかで便を移動させる)を促進させる効果があるため、ハーブティーとして飲む事で便秘改善が期待できると言われています。

利尿作用や発汗作用も高いので、体内のいらない毒素や老廃物の排出を促しデトックス効果も期待できます。食事のお供にすることで食欲を抑制する効果も。ただ、フェンネルには女性ホルモンと似た働きをする物質が含まれているため妊婦さんや小さな子供は控えるべきとされています。

また、ルイボスティーも継続的に摂取することで、蓄積された脂肪を落としてくれることが研究結果で出ています。ルイボスティーには、アスパラチンという抗酸化物質が含まれているのですが、これが血糖値のコントロール能力を高めてくれるとか。糖尿病予防にも役立つのでは、と先が期待されているハーブティー。

④美肌にはローズヒップ

ローズヒップにはビタミンやミネラルなど多くの栄養素が含まれていますが、なかでも美肌づくりに欠かせないビタミンCの含有量は、自然界のなかで突出しています。そのため美肌にはもちろん、免疫系や細胞の健康をサポートしてけたり、副腎機能も向上させて疲れが取れやすくなります。

酸味があるので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、はちみつなどを加えて上手に生活に取り入れてみてください。女性ホルモンのバランスを整える効果もあるので女性にはぴったりのハーブティーかと思います。ハイビスカスやローズマリーもおすすめ。

⑤免疫力アップ

また、東洋で最も有名な万能ハーブ、高麗人参も、特に内分泌や免疫系などを正常にする効果があると言われています。健康&美容意識の高い韓国の女性は積極的に取り入れており、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があり、疲労回復にも効果があるのだそう。その他にも、タンポポやハニーサックル、リコリスなども、体内からの毒素を洗い流して身体の機能を正常に保つ、デトックス作用があるとされています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?また、今日ご紹介した以外の効能のあるハーブティーも別の記事でまとめていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする