バレンタインデー甘いものが苦手な男性に!3000円以内のギフト10選

もうすぐバレンタインデーですね!

チョコレート商戦もぼちぼち始まっていますが、実は甘いものは好きじゃない・・という男性、多いと思います。

そこで、誕生日やクリスマスほどじゃないけど、チョコの代わりにチョコっとプレゼントできるもの、3000円以内で喜ばれるものを提案します!

①ネクタイピン

なかなか自分で買わないものですが、おしゃれなイベントやミーティングの際にネクタイピンをつけている男性って素敵です。

ネクタイがパタパタ動かないようにするためのものですが、見た目も格好いいものがたくさんあります。デザイン、品質もいろいろあるので、選び始めると結構楽しいです。

②マネークリップ

磁石やクリップでぱたんっとお札をはさむものです。

財布となると、バレンタインデーのギフトとしてはちょっと値が張りますし、男性からするとステータスのひとつなので自分で選びたいものだと思います。その点、マネークリップは持っている人自体が少ないですし、お札が多い海外旅行などでも活躍できます。

スポンサーリンク

③おしゃれな靴下

普段は量販店やユニクロでしか靴下を買わない男性、いますよね!

靴下って仕事中は足元にちらりとしか見せませんから、確かに自分ではそこまでお金を使おうとは思いません。しかし、おしゃれな靴下を持っていると、休日のコーディネートにもちょっと新鮮さを出すことができます。

安いので、何色か買ってあげたらいいですね。

④ドリップコーヒーや紅茶

毎日忙しく働く男性は、オフィスのテーブルに常にインスタントコーヒーをぽつんと置いているのではないでしょうか。セブンイレブンで売ってる、1杯24円のドリップコーヒーもかもしれません!

いつも機械的に買っているものだと、何か機会がないと別のものを買おうとは思いまんが、もらうととても嬉しいです。デパートに入っているようなコーヒー屋さんをちょっと覗いてみましょう。

⑤ちょっと良いペン

せっかくスーツを着てかっこいいのに、100勻のペンを作っていると「センスがないな・・」と判断する厳しい取引先もあったりします。

逆に良いペンを持っていると、「そのペンいいですね!」とか話題が膨らんだりします。仕事のできる人は細かいところまで気を配っているものです。インクを合わせて贈るととても喜ばれます。

⑥ハンカチ

女性もそうですが、ハンカチはいくらあっても困らないものです。

毎日使うものなのでおしゃれなデザインのものだと嬉しいですが、自分でハンカチに1000円払おうとはあんまり思わないですよね。だから、こちらが選んであげましょう。

また、パーティーの時なんか、胸ポケットからちらりとハンカチの柄を見せたりしています。ハイブランドでもお手ごろなのがいいですね。

スポンサーリンク

⑦フリスク箱買い

仕事をしているとき、眠くなったときに欲しいのはフリスクやミンティアです。

また、タバコを吸わない人は口寂しかったり、あるいは必死で禁煙をしている人もいたりするので、大体の人は喜ぶと思います。

サラリーマンはだいたいカバンに一つ持っていますね。持ち運びもしやすいし、甘いもの苦手な男性にはぜひ。

⑧オールインワンジェル

化粧品類って、男性はあまり自分では買いませんが、ギフトとしてもらうと使いたくなるものです。

しかし、化粧水、美容液、乳液と、3ステップ踏んでもらうのは、たぶん無理です。男性は朝はシェービングで大変ですし、夜は疲れきって帰ってきます。なので、1手間でお肌が潤うオールインワンジェルにしてあげましょう。

今は男性用のコスメも多く出てきているので、選ぶのには困らないと思います。

⑨カバンの小分けポーチ

男性のカバンの中って、意外と散らかっています。フリスクやペン、ノート、領収書、ガム、USBなどが適当に突っ込まれていたりします。

そのためとっさのときにうまく見つからなくて、イライラしている姿を見かけたことありませんか?こちらも、出るときになってバタバタされると、イライラします!

そういうとき、小分けポケットがたくさんついたポーチを持っていると、ちゃんと収納できるかもしれません。

⑩カフスボタン

カフスボタンとは、ちょっとドレッシーな装いをしたい時、シャツの袖をとめるときのワンポイントとして使うものです。

普通のシャツの袖のボタンの両側に穴が空いていれば、カフスボタンをつけることができます。使う機会は少ないかもしれませんが、男性にアクセサリーをあげる感覚で、選ぶのが楽しいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?なにかピンと来るものはありましたか?色々挙げましたが、時間をかけて一生懸命選んだものなら、きっと何でも喜んでくれるはずです!すてきなバレンタインデーを。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする