カンボジアe-ビザの偽サイトに注意!取得に法外な料金請求が多発

おはようございます。

今日は、カンボジア現地のメディア、プノンペンポストに気になる記事があったので、ご紹介しようと思います。

フェイクサイトで騙される人が続出!

それがこちら2月7日の記事。
Gov’t warns tourists over use of fake visa websites
(政府が観光客に注意喚起、フェイクのEビザ取得サイト)

カンボジアに入国するにはビザが必要ですが、取得方法には2種類あります。空港で取得することのできるアライバルビザか、事前にネットで申請できるEビザ。当日に空港で手続きするのが面倒、事前に済ませた方が安心、という方がEビザを利用することもあるかと思いますが、いまフェイクサイトに騙される人が多く、大きな落とし穴になっているようです。

スポンサーリンク

騙されても法的処置はとれない

記事にによれば、2月6日にカンボジアの外務国際協力省(The Ministry of Foreign Affairs and International Cooperation )が注意喚起の文面を発表。安心、簡単、早いというサービス文句で、カンボジアのEビザをオンラインで取得できるという偽のサイトが横行。

①観光予定の客を騙し、正規の値段よりも高額な料金を支払わせる
②実際はビザが取得できていない

という犯罪が多発しているようです。

記事では、あるイギリス人観光客がオンラインで手続きをしたあと高額な値段に驚きロンドンのカンボジア大使館に抗議、そこで偽サイトであることを知ったという被害者の例が挙げられています。

政府が把握しているだけでも17以上の偽サイトがあるそうですが、現在カンボジアではこういったサイト運営などに対して処罰を行うような法的枠組みが存在してないため、実際問題としてサイトを閉鎖させたりすることができない、被害者を助けることはできない、と書かれています。

つまり騙されても泣き寝入りするしかない、自分が注意するしかない!ということです。

スポンサーリンク

それっぽい

実際、そんなフェイクには騙されませんよ〜と思っていても、サイトをちらっと見た限り、なんか「それっぽい」。

偽サイトの例がこれ。
cambodiaimmigration.org/visa-fees(※偽です!偽です!)
開いてみました。

見た感じがしっかりしていて、ホットラインの電話番号に、アメリカ、オーストラリア、イギリス、香港の番号が。いつでも相談どうぞ、みたいな感じです。

カスタマーレビューも沢山出ていて、ほぼ5つ星の最高レビュー。「簡単で早くて助かった!」という外国人の偽コメントが並んでいます。

料金が高い

なかでは”24時間以内にEビザを取得できる”という”ラッシュビザ”なるものが紹介されており、5時間以内に対応します、との文字が。その料金を確認したところ、1ヶ月シングルでなんと168ドル!ビザの料金が69ドルと、手数料が99ドルとなっています。

しかし実際、1ヶ月シングルのEビザは手数料6ドル込みで36ドルが正規の値段。約5倍の値段ということになります。ぼったくりすぎです。空港のアライバルだと30ドルです。サイトは下記のように謳っており、もはや皮肉。

  • 安全、早い、信頼、時間を節約
  • 3営業日以内の発行
  • 詐欺や追加請求はなし
  • ビザ発行できなかった場合は全額返金

しかしこんな悪質サイトでも「Cambodia」と「e-visa」のキーワードで検索すると1ページ目に表示されます。上位表示のためにお金を払ってるんです。変な日本語のサイトもあったので、注意をしてください。

ビザはとれない

サイトで取得された申請フォームが実際政府に送られてくることもあるそうですが、政府はビザのブローカー販売を認めていないため、申請が通ることは絶対にありません。お金も返ってきません。

絶対に正規のサイトを利用

代行ではなく絶対に政府のサイトを利用するようにすれば大丈夫。
以前の記事(カンボジアビザ申請料金、ネットと空港どっちが安い?取得方法も紹介)でも紹介しましたが、本物はこちら。
https://www.evisa.gov.kh/

日本語に言語を変えると”ようこそeVisa”とか書いてあるので逆に怪しいですが、変な翻訳は海外あるあるなので大丈夫。

でも個人的には、空港で直接、対面でビザを取ればよいのではと思います。時間がかかるといってもよほどの繁忙期とか飛行機のアライバルがかぶったとかでない限り30分あれば済みますし、手続きも、機内で申請フォーム埋めとけば、お金払って待つだけなので煩雑ではないです。

今はいろんな手続きがネットからできるようになったので簡単で便利なことも多いですが、せっかくの海外旅行なら現地でビザ取るのも経験で楽しいのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?少しでも参考になったら嬉しいです。他にもいろいろと書いているので、よかったら見てみてください!

カンボジアの治安(2019年現在)はどう?注意点や緊急連絡先
プノンペンのソリヤモールでショッピング。リニューアルでいい感じに
プノンペンからシアヌークビルへ移動。バス料金や時刻
カンボジアお土産ランキング【おすすめのお店inシェムリアップ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする