バンコクからチェンマイへ移動!バス、電車、飛行機どれがおすすめ?

前回、バンコクから最寄りのビーチリゾート、サメット島についてご紹介しました。海といえば山もあるということで、今回はチェンマイへの行き方をまとめてみました。

チェンマイって?

チェンマイはタイの古都。タイ北部のバンコクからはおよそ700kmほどのところにあり、日本の京都と似たような雰囲気があります。城郭が残る旧市街に、山々に囲まれた大自然との調和。また、チェンマイはタイでも美人が多い街とされていて、その女性たちをバラに例えて北方のバラとも呼ばれています。古いお寺や伝統工芸品もあり、タイ人だけでなく外国人も多く訪れます。

こちらはチェンマイの都市部。以外とふつうに都会ですね。

スポンサーリンク

行き方は?

バンコクからチェンマイへの行き方には飛行機、バス、電車があります。一つづつご紹介します。

国内線がたくさん飛んでて便利

時間の限られてる旅行者がチェンマイに行くなら、バンコクから国内線に乗るのが一番。1時間ちょっとで行けますし、チェンマイ空港は市内からほど近い場所にあります。

バンコクのスワンナプーム空港から乗り換えができるのは、タイ航空かバンコク航空。到着したらそのまま国内線の乗り換え搭乗口に向かうだけ。ノックエアというタイの格安航空会社や、エアアジアもありますが、こちらはドンムアン空港からになります。便利な方を選んでください。

タイ航空の場合は、毎日7:50発から18:40発まで合計6便が飛んでおります。往復4000バーツからと少し高めの値段設定。一方、バンコク航空の場合は、朝6:40発から夜9:15発まで8便が飛んでおり、ウェブプロモーションプランとか一番安いのを選ぶと往復1,590バーツ程度から探せます。すべて直行便なので、1時間15分くらいのフライトです。テレビとかエンターテイメントはないですが、軽食が出ます。

1日に55便以上が乗り入れているチェンマイ空港は、市内までタクシーで10分程度。国際線も国内線も一つの建物になっておりけっこう立派です。

スポンサーリンク

電車に乗って、景色を眺めながらのんびり!

飛行機が便利ですが、乗り物に長時間揺られるのが苦でない方、時間があって安さが一番という方には、電車もあります。10時間くらいかかります。

チケットは、こちらのタイ国内の乗り物を扱ってる代理店ウェブサイトから、オンライン購入することができます。

▶︎▶︎▶︎Travel Planning in Asia 

このサイトを見ると、チェンマイに行くのに一番おすすめでレビューが良いのは、タイレイルウェイの電車のようです。8:30発で19:30に到着なのでまる1日潰れる感じにはなりますが、レビューを読むと、時間通りだった、乗り心地がよかった、など上々の評価です。しかし、やはりアジアの長距離移動にあるあるの、エアコン効きすぎというのはあるようです。ジャージー持ってけとアドバイスが。。、

料金は1人27.90ドルと、3000円くらいでしょうか。オンライン予約でクレジットカードかPayPalで支払いますが、Eチケットはなく、代理店まで受け取りに行かなくてはいけません。

代理店はフワランポーン駅のすぐ近くDOB BUildingの中にあり、10〜22時のいつでも受け取りにいけます。一度無くしたら再発行は無理とか。電車はこのフワランポーン駅からチェンマイ駅です。フワランポーンまではMRTで行けます。

ラジュグアリーな深夜バスで眠ってるうちに!

バスも先ほどとこちらの代理店サイトから予約可能。

▶︎▶︎▶︎Travel Planning in Asia 

夜8時発、朝5:50着で約9時間40分の旅。1人26.20ドルとあまり変わらない値段ですが、電車よりも人気が高く、特に11月〜2月にかけてのシーズンはタイ人もどっと押し寄せるため早めに予約した方がよいかも。こちらはモーチットにあるバスターミナルから出ます。

バンコクバスラインという会社のバスが、とても評判よしです。特にVIP24というラグジュアリー系バスにしたら、全部の席にマッサージ機能がついてる、足置きがある、食べ物と飲み物もよく出てくる、まくらとブランケットが支給される等、外国人旅行者からの満足度も高いよう。

バンコクバスラインに直接の予約もできるようですが、サイトがタイ語オンリーでした。

バスで寝られる人は、宿泊代浮かしながら旅できるので、よいですね!ちなみに電車の方は予約後のキャンセル&返金ができるようですが、バスの方は需要が高いためキャンセル不可のようです。

まとめ

とにかく楽に短時間で行きたい方は飛行機!
車窓からの景色を眺めたい方は電車!
丸一日潰すのはもったいないけど安く行きたい方はバス!

こんな感じでしょうか。参考になったら嬉しいです^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする