カンボジアで英語は通じるの?実は日本人より喋ります!

おはようございます。

海外旅行で心配なことといえば、やはり言語。英語は多少喋れるけど、でもカンボジアとか英語が通じるのか??と気になってはいませんか?今日は、カンボジアで英語がどれほど通じるのかどうかを、まとめてみました。

スポンサーリンク

カンボジアの都会はインターナショナル

カンボジアの首都プノンペンは、もはや国際都市。マリオットやローズウットといった高級ホテルが増え、海外企業が多く進出。外国人も、中国とベトナムを筆頭にして、韓国やフランスなどがたくさんの国籍の人が暮らしています。事業をしたり店を出したり、現地就職をしたりして暮らしています。

観光都市のシェムリアップにも、多くのバックパッカーや裕福な旅行者たちが世界中から集まります。旅行者の数は年々増加。カンボジアは、外国人旅行者・移住者がとっても多い国なんです。

そのため、プノンペン、シェムリアップ、バッタンバンといった都会的なエリアで暮らすカンボジア人は外国人にすっかり慣れており、物怖じもしなければ特に興味しんしんに眺めることもなく、当たり前のように受け入れ共存をしています。

日本人には好意的

日本が好きと言ってくれるカンボジア人はとても多いです。トヨタやスズキ、ソニーといったブランドが信頼されてること。水や道路などのインフラ整備や地雷撤去などの活動に日本人が多く従事していることなどで知られています。

バイクタクシーに乗ったりすると、ドライバーのおじちゃんがよくジョークを言います。チャン、オットロー。ジャポン、ロ〜。中国は良くない、日本は良い。という意味です。中国人は不法滞在をしたりケンカをしたりすることが多めなので、一般的にはそれほどイメージが良くないみたいです。

結論:観光なら問題なく英語は通じる。

話がそれましたが、外国人と混ざり合って暮らしている都市部のカンボジア人には、英語は通じるというのが結論です。レベルは高い低いがもちろんありますが、レストランやカフェで注文に困ったりすることはありません。ゲストハウスやホテルでもいっしょ。英語のメニューも置いてあるところが多いです。

サービス業でなくとも、大学生や、企業勤めで月収300ドル以上を稼いでる層は、大体が英語を話します。旅行にしても長期滞在にしても、クメール語が話せないから困る!ということは珍しいと思います。

周辺諸国と比べても

逆に、私はバンコクやホーチミンに行った時、英語が全然通じにくいことで困りました。タクシーの運転手さんと全くコミュニケーションがとれず目的地が伝わらないことも、よくありました。

スポンサーリンク

田舎では通じない

貧困レベルと学力は比例しますが、カンボジアで貧困レベルの高い地方、例えばラタナキリ、コンポントム、プレアビヒアといった場所に行くと、英語はほぼ通じません。クメール語を話せない、書けないという方もたくさんいます。

そのため、プノンペンで働く私には英語が十分通じる実感がありますが、国民全体の英語力をトータルで考えた時、カンボジアはASEANでもかなり低いランクに位置しているそうです。

英語が学べない事情

もちろん英語を話せた方が若者の未来は広がります。都市に出てきて、英語を勉強して外国人と交流して、給与のいい仕事につくと、色んな道が見えてきます。

それでも貧困レベルの高い地域では、女の子は特に、家にいて農作や家事などを手伝って欲しいと大人は考えています。経済的な制限で、そもそも英語を学ぶアクセスがない、学ぶ機会を知らない若者が田舎では多いのが事実です。

都市部には機会が溢れてる

都市部の英語教育には、ネイティブの外国人先生や、トレーニングを受けたカンボジア人先生が多く従事しています。1ヶ月に100〜150ドル程度で学校には通えます。私の職場でも、仕事が終わるのが17時ですが、そのあとに英語の学校に行くという同僚がたくさんいます。プレゼンやディスカッションなど、話すことを中心とした授業が多いようです。

人によってはもちろん、英語ではなく他の言語を学ぶ人もいます。中国語、韓国語、日本語、タイ語など。日本語も人気ですがやはり英語の習得と比べると難しい言語みたいですね💦家庭が経済的に余裕があれば、第2言語として英語、第3言語としてその他の言語を学ぶ人もいます。

khmer24というカンボジア国内アクセス数第13位、物や家やスキルを売買をしている人気サイトがあります。このサイトでも英語の家庭教師や個人塾などを簡単に探すことができます。例えば、17時以降、ネイティブのアメリカ人から英語を学べる塾。1時間が12ドルで、文法、リーディング、会話など全般的に勉強ができます。こんなのが都市部でいくらでも見つかるので、英語を勉強する人はとても多いんです。

スポンサーリンク

まとめ

カンボジア人は、文法とか関係なしに自信を持って英語を話します。ネイティブ相手でも全く物怖じせず、自分の能力内の英語を十分に生かし、意見を伝えることができます。日本人は恥ずかしくって喋れないことが多いというのを聞きますが、カンボジア人の見習うべきところかもしれませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする